デリバリーバイトの評判は?仕事の特徴と口コミを紹介

デリバリーバイトの評判は?仕事の特徴と口コミを紹介

デリバリーバイトの評判が気になる方のために、実際に配達員として働いたことがある人の評判、口コミをいくつかご紹介します。

基礎知識としてデリバリーバイトの働き方や報酬の特徴も解説しましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

デリバリーバイトならではの特徴とは?

デリバリーバイトならではの特徴とは?

ここでは、ほかのバイトにはない、デリバリーバイトならではの特徴をまとめました。

デリバリーバイトには、アルバイトとしてお店に直接雇われて働く形と、個人事業主として業務委託を受けて働く形の、主に2つの形があり、それぞれに働き方や給与・報酬などの面で特徴があります。

雇用や働き方の特徴

デリバリーバイトの雇用形態には、大きく分けて2つの形があります。ひとつは古くからあるように、飲食店にアルバイトとして雇われ、デリバリースタッフとして働く形。代表例は、ピザ屋や宅配寿司のデリバリースタッフです。

そしてもう1つが、デリバリー代行業者の配達員として働く形です。Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館(デマエカン)、menu(メニュー)がデリバリー代行業者の代表例です。

この2つで大きく異なるのが「働き方」です。アルバイトとしてお店に直接雇われて働く場合、何時から何時までという一般的なバイトのシフトと同じような働き方になり、配達のない空いた時間には、デリバリー以外の仕事をすることもあります。

一方、デリバリー代行業者の配達員として働く場合、ほとんどは「出来高制」になるため、自分が受けた仕事だけこなせばよいという形になります。何時まで出勤しなければならないという時間の拘束がないため、自分が働きたい時だけ働くという自由度の高さが特徴です。

雇用や働き方の特徴

給与や報酬の特徴

アルバイトとして働く場合、一般的なバイトと同じように基本的には時給で給与が支払われます。ただしこれは店舗との契約によっては異なるので、応募や面接の際に確認しておきましょう。

この形であれば働いた時間の分、給与は支払われますから、安定した収入が見込めます。

一方、デリバリー代行業者の配達員として働く場合は、多くの場合は時給制ではなく出来高制です。出来高制の場合、一件配達したごとにいくらという報酬となり、配達数と一件あたりの配達報酬によって収入が決まります。そのため、配達数が多く一件あたりの報酬が高ければしっかりと稼げますし、逆に少なければ思ったように稼げないということになります。

資格や研修が必要?

アルバイトとして働く場合、配達にバイクや自動車を使う際には、運転免許証が必要となります。原付バイクでの配達であれば、原付免許で大丈夫です。

ただし店舗によっては、免許をとってから一定期間の経験が必要となりますから、面接前に確認が必要です。

また、実際の業務はほとんどがきちんとマニュアル化されていたり、研修が用意されているので、経験がなくても心配ありません。

デリバリー代行業者の配達員として働く場合は、配達にバイクや自転車を使う際には同じく運転免許証が必要ですが、自転車や徒歩で配達することもでき、その場合は当然免許は不要です。

18歳以上なら誰でも配達員になることができますが、学生の場合、学校によっては禁止されていることがあるので、事前に確認が必要です。

研修に関しては、ないと考えておいた方がよいでしょう。一部、ビデオ研修やオンライン研修などが用意されている場合もあります。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

デリバリーバイトはほかのバイトよりきつい?楽?

デリバリーバイトはほかのバイトよりきつい?楽?

実際にデリバリーバイトを始めた場合、ほかのバイトと比較して楽なのでしょうか?それともきついのでしょうか?

もちろん楽なのかきついのかについては個人の受け止め方や、バイト先の条件によって変わってきますので一概には言えませんが、デリバリーバイトはほかにない特徴のある働き方ですから、事前によくチェックして判断するようにしましょう。

時給が高く、頑張れば稼げる

デリバリーバイトは時給や報酬単価が高く、頑張れば稼げると評判です。

デリバリーバイトは野外を長距離移動するため怪我や事故を起こすリスクがほかの仕事よりも高く、時給や報酬が高めに設定されていることが多いのです。そのため、リスクをしっかり回避して安定して働くことができれば、ほかのバイトよりも多くの収入を得られる可能性は高いといえます。

特にデリバリー代行業者の配達員として出来高制で働く場合、配達すればするだけ報酬が増えていきますから、より高収入を得られやすいです。

また、デリバリーを自転車や徒歩などでする場合、適度な運動になるのがよいという声もよく聞きます。

運動不足気味なのでこのバイトを始めてみたという人もいるように、配達を健康維持のための運動として考えれば、運動しながらお金が稼げる一石二鳥の仕事ともいえます。

時給が高く、頑張れば稼げる

人と関わるのが嫌いな人に向いている

デリバリーバイトは人と関わるのが苦手な人にも向いていると評判です。

アルバイトとしてお店に直接雇われて働く場合、バイトの形態はほかのバイトと同じようなものですが、仕事内容は配達がメインとなるため、人と関わる時間は少なく済みます。

コミュニケーション能力に自信がなくても、料理をしっかり届ければよいため、心配なく働けるというメリットもあります。接客もそこまで求められません。

デリバリー代行業者の配達員として働く場合は、人と接する機会はほとんどないと言ってもよいでしょう。オペレーションはほとんどスマートフォン経由でおこない、人と話すこともありませんし、上司や社員、先輩から命令されることもありません。

バイトをするとバイト先の人間関係が苦手で尻込みしてしまうという人にとっては、デリバリーバイトはよいバイト先かもしれません。

人と関わるのが嫌いな人に向いている

体力や天候に左右されるのがきつい

ネガティブな評判のなかで一番多いのが、稼ぎが体力や天候に左右されてしまうのが厳しいというものです。

これはデリバリーするエリアによって異なりますが、もし自転車で配達する場合、坂道が多い地域ではかなり体力的にきつい思いをするかもしれません。

さらに出来高制で働く場合は、よりたくさん配達をしたいと思って、遠くまでの配達を請け負い、思ったよりも遠くて大変だったという声もよくあります。

もちろんバイクや自動車を使った配達ならそこまで体力的な負担はありませんが、基本的には徒歩や自転車で配達することになるため、体力にあまり自信がないのであれば、きつい仕事といえるかもしれません。

さらに天候の問題も、デリバリーバイトの厳しい条件となるでしょう。特に雨の日の配達は苦労しますし、真夏の暑い日の配達は過酷です。

道に迷ったり時間に追われるのがきつい

そのほかにデリバリーバイトのきつい場面としてあげられるのが、道に迷ってしまうというトラブルです。

特に方向音痴を自覚しているような人の場合、目的地に無事にたどり着けるかどうか、毎回不安になってしまいストレスを感じてしまうかもしれません。

デリバリー代行業者の配達員として働く場合は自分で配達先を選べますから、自信がないエリアの配達を避けることが一応はできます。しかし、ある程度稼ごうと思うと、遠くの配達を受けなければならないこともあり、道に迷うという問題は避けられません。

そのほかにも、遠すぎると時間がかかり、配達の報酬と釣り合わずに厳しいということもあり得ます。料理を配達するので「早く配達しなければ」というプレッシャーもあるでしょう。店舗型のデリバリーはある程度配達時間が決められていて、時間に追われるというプレッシャーがきついこともあります。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

デリバリーバイトの実際の口コミをチェックしておこう

デリバリーバイトの実際の口コミをチェックしておこう

ここでは、代表的なデリバリー代行業者である「Uber Eats」「出前館」「menu」
の配達員として実際に働いたことがある人の口コミをご紹介します。

デリバリー代行業者の配達員は、ほかのバイトと比べて特殊なところも多く、実際に始めるまで様子が分かりづらいのではないでしょうか。ぜひ参考にしていただければと思います。

Uber Eatsのバイト口コミ

Uber Eatsのバイト口コミ

自転車やバイクがあればすぐに始められますし、自由度が高いので体力に自信がなくても自分のペースで配達できます。

本職が終わってから1時間だけ働けるなど、好きな時に好きなだけ働けるのが魅力です。

自由な時間に働けて、面倒な人間関係がないのがメリットです。頑張ればサラリーマン並みに稼げるのもこの仕事の魅力です。

配達でバイクに乗っていると、車の幅寄せやあおりなどに危険を感じることがあります。雨の日は特に視界が悪く不安です。

報酬は時給2,000円を超えるときもあるし、まったくない時もあります。福利厚生などもないのですべて自分で解決しなければなりません。

面接や研修などがなく、オンラインだけで配達員の登録が誰でもできます。

>>【Uber Eats 公式】配達スタッフ応募ページはこちら

menuのバイト口コミ

menuのバイト口コミ

ほかのデリバリーバイトと比べて配達件数が増えるとボーナスがもらえたり、配達件数によって基本料金が増えたりするのが嬉しいです。

運動不足解消にうってつけですし、配達エリアをより詳しく知ることができて、新しい発見ができるのも楽しいバイトです。

最近は競争が激しくなってきたので、ほかの配達員に仕事を取られてしまうことも増えてきました。

大雨の日の配達はかなりきついです。やる度に「もうやめよう」と考えてしまいます。

今のご時世的な問題でほかのバイト募集が減ってしまっているなか、デリバリーバイトは伸びているのですぐに雇ってもらえるのがメリットです。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

出前館のバイト口コミ

出前館のバイト口コミ

報酬の仕組みが理解しやすく、どれくらい配達すればどれくらい稼げるかがわかるからモチベーションが続いてよい。

直接店舗と契約しているデリバリーバイトの場合は、仕事中の行動はすべて追跡されているので、待機中などにサボっているとすぐにバレてしまいます。

バイト中はほぼ一人で動くので、わずらわしい人間関係の問題がないのがありがたいです。ただしその分、バイトでの友達はほとんどできません。

お客さんからクレームが入ったり、勤務態度が悪いとシフトに入れてもらえなくなりこともあるようです。

>>【出前館 公式】配達スタッフ応募ページはこちら

頑張れば稼げるバイトだが体力や土地柄などで向き不向きがある

頑張れば稼げるバイトだが体力や土地柄などで向き不向きがある

この記事では、デリバリーバイトの特徴を解説したのち、評判や口コミをご紹介しました。

デリバリーバイトには、店舗と契約するタイプと、デリバリー代行と契約するタイプの2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

店舗契約型は時給制で給与がある程度安定しますが、デリバリー代行は働いた分だけ稼げるのがメリットです。

ただし、デリバリー代行で稼ぐためにはライバルが少なく、注文の多いエリアで配達しなければならないといった条件もありますから事前にしっかりチェックが必要です。

どちらを選ぶかは、自分がどのような働き方をしたいかによって決められるため、安定して稼ぎたいのであれば店舗契約型、頑張ってよりたくさん稼ぎたいのであればデリバリー代行型にチャレンジしてみましょう。

UberEatsや出前館、menu、Wolt、DiDifoodや
ピザーラ、ピザハット、銀の皿、ケンタッキー、マクドナルドなど
全国25000件以上の求人を検索!
デリバリー配達員の求人検索なら「デリバリーバイトNAVI」