【最新版】menu、Uber eats、出前館、デリバリーバイトを徹底比較!本当に稼げるバイトはどれ?

【最新版】フードデリバリーのバイトを徹底比較|menu、Uber Eats、出前館、本当に稼げるバイトはどれ?

一口にフードデリバリーのバイトといっても働き方や給料の仕組み、対応地域は各社で違うため、自分に適したバイト先を見つけることが大切です。

この記事では、フードデリバリーのバイトを比較する際に着目したいポイントを挙げたうえで、本当に稼げるおすすめのバイト先6社をご紹介します。

これからフードデリバリーの仕事を始めようと考えている方の参考になれば幸いです。

↓↓↓現在募集中のフードデリバリーのバイト↓↓↓

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【menu公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【DiDifood 公式】配達パートナー応募ページはこちら

<募集エリア>福岡県、大阪府、兵庫県、広島県、京都府、愛知県、沖縄県、宮城県

フードデリバリーのバイトとは

フードデリバリーのバイトとは

フードデリバリーのバイトとは、注文のあった料理をお客様の希望する場所まで届ける仕事です。単に「デリバリーバイト」といったり、「出前のバイト」「宅配のバイト」などともいいます。

コロナ禍にデリバリー利用が大きく増え、飲食店や配達を請け負う業者は、配達人員の獲得争いをしているところです。そのためデリバリーのバイトは働き口が見つかりやすく、報酬も増加傾向ということで注目が集まっています。

数年前まではデリバリーのバイトというとピザ屋や宅配寿司にアルバイトとして直接雇われ、スクーターに乗って料理をお客様の家まで届けるというのが一般的な認識でしたが、Uber Eatsや出前館など、飲食店とお客様の間に入って配達業務を代行するサービスが増えたことにより、昨今ではこのようなデリバリー代行サービスの配達員になってお金を稼ぐことをフードデリバリーバイトと呼ぶケースもかなり増えてきました。

デリバリー代行サービスの配達員には2種類ある

デリバリー代行サービスの配達員には2種類ある

デリバリー代行サービスの配達員には、アルバイトとして直接雇ってもらう「直雇用型」と、自分が個人事業主になり業務委託契約を結んで配達業務を請け負う「業務委託型」の2タイプがあります。

直雇用される場合、一般的なバイトと同じようにシフトがあり、決められた(あるいは自分で決めた)日時に拠点へ出勤し、数時間、配達の仕事をおこないます。時間給なので安定した収入が見込め、配達に使うバイクや道具が一通り揃っているので働きやすい反面、「時間的拘束がある」「配達以外の仕事もやらされる場合がある」「ほかのスタッフと顔を合わせる必要がある」「給料のステップアップに時間がかかる」などの点は一般的にマイナス要素として捉えられます。

一方、業務委託型の場合は自由な場所で待機していてよく、配達の依頼が入ったら店舗に料理を受け取りに行き、その後お客様のところまで配達するという流れです。多くの場合1件配達するごとに報酬が得られる歩合制(出来高制)の給料制度となっており、配達すればするだけお金が稼げるので、強いやりがいを感じられます。また、シフトによる時間的拘束がなく、働きたいときに働けるという自由度の高さも魅力です。反対に「歩合制なので収入が安定しにくい」「配達に必要な車両や道具は自分で用意する必要がある」などの難しさもあり、目標とする収入を長く安定して得るには多少のノウハウも必要です。

フードデリバリーバイトの比較ポイント

フードデリバリーバイトの比較ポイント

フードデリバリーのバイトを比較する際は、第一に配達対象地域を確認します。その次に、給料制度や報酬単価などを比べて稼ぎやすさを評価します。面接や研修の有無など、配達員になるためのステップも考慮したいところです。

  • 配達対象地域を確認しよう

フードデリバリーのバイトを比較する際には、第一に配達対象地域を確認します。全国対応しているサービスもあれば、対象地域が限定されているサービスもあります。また、全国対応と言いつつ、各都道府県の大きな都市にしか対応していない場合もあります。対象地域が自宅から遠い場合、移動に余計な時間とお金がかかり非効率なので、自身の生活圏内で無理なく働くことのできるバイト先を選ぶとよいでしょう。

  • 「歩合制」と「時給制」

先述のとおりフードデリバリーバイトには直雇用型と業務委託型の2種類があり、直雇用型は仕事をした時間数で給料が決まる「時給制」、業務委託型は配達した件数や配達にかかった距離などに応じて報酬額が決まる「歩合制」を採用していることが多いです。それぞれで働き方や見込める収入の大きさ・安定性が異なるため、自分にとって働きやすい、あるいは稼ぎやすそうな方を選びたいところです。やる気も体力もあって大きく稼ぎたいという人や、自分のペースで自由に働きたいという人には、現在の主流である業務委託型がおすすめです。自分が事業主となって仕事を請け負うので、「何時間仕事したら終わり」や「何件配達しなければならない」というような制約がなく、稼ぎたいときに稼ぎたいだけ働けるため人気が高まっています。

フードデリバリーバイトの比較ポイント

  • 研修制度にも注目

研修制度が整っていることで、デリバリーバイトの経験がなくても安心してチャレンジできます。会社によっては研修制度のほかに面接(電話やオンラインであることが多い)も用意されていることがあります。他人と話すことに抵抗を感じたり面倒に思う人もいるでしょうが、最初からしっかり稼ぎを出していくためには仕事内容を正確に把握することが重要です。逆にチャンスと思って取り組むとよいでしょう。

フードデリバリー6社のバイトを比較

フードデリバリー6社のバイトを比較

フードデリバリー6社のバイトを「対応地域」「給料制度」「報酬単価・時給」「特徴」の4つの面から比較しました。

サービス名対応地域(※)給料制度報酬単価・時給特徴
menu全国47都道府県歩合制約750円/件・配達員になりやすい
・配達依頼が入りやすい
・追加報酬の仕組みが充実している
Uber Eats全国47都道府県歩合制約500~550円/件・配達員になりやすい
・配達依頼が入りやすい
・問題解決しやすい
出前館32都道府県歩合制関東715円/件

沖縄県550円/件

その他660円/件

・配達依頼が入りやすい
・ブランド力があり働きやすい
・報酬システムがわかりやすい
時給制約1,000~1,300円/時間
DiDi Food9府県歩合制約750円/件・西日本エリアに強い
・配達車両を複数登録可能
Chompy東京都の一部歩合制約600円/件・収入が安定する
fineDine東京都・神奈川県の一部時給制約800円~1,200円/時間・充実した研修制度

※2021年12月現在

対応地域はmenuとUber Eats、出前館の3社が広く、特にmenuとUber Eatsは47都道府県のすべてに対応しており、住まいがどこでも配達員になって効率よく仕事をおこなうことができます。DiDi Foodもエリアを急拡大しており、今後の展開に期待ができます。

給料制度については、時給制は少数で、歩合制が一般的といえます。1件配達あたり500~750円が報酬の相場ですが、追加報酬や報酬アップキャンペーンにより、1,000円をゆうに超える報酬を得られる場合もあります。

↓↓↓現在募集中のフードデリバリーのバイト↓↓↓

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【menu公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

本当に稼げるおすすめフードデリバリーバイト

本当に稼げるおすすめフードデリバリーバイト

先に挙げた6サービスのなかでもmenu、Uber Eats、出前館、DiDi foodの4つは本当に稼げるおすすめのフードデリバリーバイトです。提供エリアが広いため配達員になりやすく、加盟店数・利用者数ともに多いので安定した配達依頼があり稼ぎやすいのが特徴です。

以下、おすすめする理由をひとつずつ解説していきます。

menu(メニュー)

筆者が一番おすすめしたいフードデリバリーバイトが「menu(メニュー)」です。menu株式会社が提供している日本生まれのデリバリーサービスで、料理にこだわりのある個人店を数多く掲載しています。

2020年4月のサービス開始当初は東京23区を中心にサービスを提供していましたが、その後たったの1年間で47都道府県に提供地域を急拡大。2021年6月にはKDDIとの資本業務提携契約を結び、利用者獲得やサービス拡大の勢いはさらに加速しています。

menu(メニュー)

menuのフードデリバリーバイトをおすすめする理由は、配達員になりやすいことと、しっかり稼げることの2点です。

menuは提供エリアが広く、配達員の募集も全国でおこなっているので、どこに住んでいても配達員になれます。Web登録で簡単に始めることができ、面接もありません。

稼ぎやすさの面では、利用者数が多いため配達依頼も多く、無駄に待機(依頼が入るまで待つ)することが少なく効率よく稼げます。また、menuのデリバリーバイトは業務委託型の歩合制ですが、報酬単価が高いうえに、インセンティブと呼ばれる追加報酬が得られる仕組みが充実しているため、うまく立ち回ることで報酬を底上げできます。

お得に稼げるキャンペーンが頻繁に実施されているのも見逃せないポイントです。今までに下記のようなキャンペーンが開催されました。

  • 配達1回あたり実質750円になる「期間限定報酬ボーナスキャンペーン」
  • 実績に応じて報酬が上がる「報酬倍率ブーストキャンペーン」
  • 友達に紹介すると5万円もらえる「友達紹介キャンペーン」

このようなキャンペーンを上手く利用することで、さらなる高収入を目指すことも可能。「即時引出しプログラム」で、その日に稼いだ報酬を最短当日に引き出すことができるだめ、とにかく急いでお金を稼ぎたいという場合にも最適なバイト先といえます。

>>【menu公式】配達スタッフ応募ページはこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)は世界500都市以上で利用されている現在最も人気の高いフードデリバリーサービスで、日本では全国47都道府県で提供しています。

Uber Eatsのフードデリバリーバイトのメリットは、配達員になりやすいことと、安定した収入が見込めること、困ったときに解決しやすいことの3点です。

配達員は業務委託型であり、menuと同じく提供エリアが広く全国で募集しています。また、面接不要で、Web登録のみで配達員になれます。一部の地域では徒歩での配達も可能なため、自転車やバイクがまだ用意できないという場合にも、とりあえず仕事を始められます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)

フードデリバリーサービスのなかで加盟店数が最も多く、利用者数も出前館に次いで多いので、常に配達依頼が入り、安定して稼ぐことができます。

また、Uber Eatsはフードデリバリーバイトの代名詞的存在でもあり、配達員の数は全国に10万人以上もいるとされているため、働き方や稼ぎ方に困っても、Webサイトや書籍で簡単に情報を得ることができる点も重要なポイントです。

キャンペーンは不定期で開催されており、過去には「配達クルー紹介キャンペーン」が実施されていました。

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

出前館

出前館(デマエカン)は、株式会社出前館が運営している国内で最も歴史のあるフードデリバリーサービスです。2000年にサービスを開始し、現在では32都道府県に展開。利用者数は最も多く、加盟店数もUber Eatsに次ぐ多さです。

出前館の配達員の募集には2種類あり、ひとつは「直雇用配達アルバイト(直雇用型の時給制)」、もうひとつは「デリバリー業務委託(業務委託型の歩合制)」です。直雇用型はシフト制になっており、一般的なアルバイトのように決められた場所を拠点にシフトに沿って働き、働いた時間に応じて給料が支払われる形です。一方の業務委託型はUber Eatsやmenuと同じく、好きな場所で待機し、配達依頼が入り次第、料理の受け取りと配達に向かうという形で、報酬は配達実績に応じて決まります。安定した収入を望むなら直雇用型ですが、より自由な働き方・やりがいのある働き方を望むなら業務委託型がおすすめです。

出前館

出前館の業務委託型のフードデリバリーバイトの特徴は、報酬システムがシンプルな点です。「配達件数 × 基本報酬」が報酬のベースになっており、他社と違って配達距離による加算がないため単純な計算で見込みの報酬金額を導き出せます。そのうえで、基本報酬を1.5倍や2.0倍などのようにアップさせる仕組みやキャンペーンも用意されるため、高収入も十分に狙えます。

加盟店数が多いので注文依頼が入りやすく、また、ブランド力が高いので配達しやすい(接客しやすい)というよさもあります。

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

DiDi Food(ディディフード)

DiDi Food(ディディフード)は、Uber Eatsと同じくタクシーの配車サービスの会社を母体に持つフードデリバリーサービスです。日本では2020年にサービスを開始し、2021年12月現在、宮城県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、広島県、福岡県、沖縄県、奈良県の9府県に展開。配達員用アプリの使い勝手や報酬システムがUber Eatsと似ていることと、西日本エリアに強いことから、Uber Eatsとの掛け持ちにもちょうどよいです。

業務委託型の配達員を募集しており、給料制度は歩合制です。紹介した3社と比べて配達エリアは狭いものの、お得に利用できるクーポンを定期的に配布して注文数を稼いでおり、配達依頼は頻繁に発生します。また、報酬単価も高いと評判です。

配達車両を複数登録できるところが個性的で、例えば自転車とバイクの両方を登録しておけば、天候や交通状況、気分などによって今日は自転車で明日はバイクで、というように配達車両を自由に切り替えられます。

今後に期待したいフードデリバリーバイト

今後に期待したいフードデリバリーバイト

今後に期待できるフードデリバリーバイトを2社紹介します。現在はまだ小規模ですが、魅力的なサービスや配達員向けの制度が用意されており、シェアや提供エリアを今後急拡大する可能性があります。

規模を拡大する際には配達員の募集条件が一時的によくアップすることがありますし、ライバルが少なく稼ぎやすいタイミングでもあるので、動向は定期的にチェックしたいところです。

Chompy (チョンピー)

Chompy(チョンピー)は、2020年2月に始まったばかりの日本発のフードデリバリーサービスです。株式会社SYNが運営しており、東京都渋谷区・世田谷区・新宿区・港区・目黒区・中野区・品川区・千代田区・杉並区の9エリアでサービスを提供。対象地域は決して広いとはいえませんが、フードデリバリーサービスの需要拡大とともに今後徐々に拡大されていくことが見込まれます。

渋谷で利用できるレストランの例としては、「海浜食堂たけだ」「グレートチキンパワーズ」「究極のブロッコリーと鶏胸肉」「タイガーデン」などがあり、大手チェーン店から個人店まで網羅しています。リーズナブルに食事を楽しみたい人はもちろん、美味しい料理にこだわりたい美食家にも向いているサービスです。

Chompy (チョンピー)

配達員は業務委託の形で募集しており、給料制度は歩合制です。配達依頼を待っている間にも報酬が発生する「待機収入システム」が特徴的で、依頼が少ない場合でもわずかながら報酬が得られます。具体的には、5分待機で75円、以降1分ずつ15円(上限あり)の報酬が発生します。

また、報酬をアップさせる「チャレンジ」という制度があり、いくつかの条件をクリアすることで基本報酬がアップしたり、指定時間内は配達件数によらず時間給が発生する「最低時給保証」が得られるなどの特典が得られるため、収入が安定するでしょう。

fineDine(ファインダイン)

fineDineは(ファインダイン)は、「銀のさら」を運営している株式会社ライドオンエクスプレスが提供しているフードデリバリーサービスです。対応しているエリアは2021年10月時点で東京都と神奈川県の一部のみですが、将来的にはエリアの拡大が予定されています。

ほかのサービスに比べ、高級店を中心に掲載しており、最低注文金額は2,000円から(一部1,500円からのエリアもあります)です。

fineDine(ファインダイン)

配達員の給料制度はシフト制で、平日の最高時給は約1,300円、土日の最高時給は約1,600円ほど。充実した研修プログラムが用意されており、スタート直後は先輩スタッフとともに配達までの流れを学ぶことができます。店舗での料理の受け取り方、料理の運び方、デリバリーシステムの利用方法などを学んだあとに1人で配達する流れとなります。

また、コールセンターも設置されており、万が一配達時間に遅れそうな場合にはお客様へ事前に連絡を入れてもらうことができます。そのほかにも、トラブルへのフォロー体制が整っており、デリバリーバイト未経験者でも安心して働くことができます。

フードデリバリーバイトのメリット

フードデリバリーバイトのメリット

フードデリバリーバイトのメリットとして、「給料がよい」「仕事内容が覚えやすい」の2点が挙げられます。

給料については、デリバリーの仕事は業務中に少なからず事故に遭う可能性があるためか、ほかの一般的なアルバイトに比べて時給や報酬が高い傾向があります。

仕事内容については、デリバリーバイトは基本的に飲食店で作った料理を注文者に届けるだけなので、自転車やバイクの運転ができて、ほんの少しのお客様応対ができれば問題なく仕事をこなしていくことができます。厄介な接客業務や他スタッフとの密なコミュニケーションも必要ないので、他人との関わりが苦手な人にも適しているといえるでしょう。

業務委託の形で働く場合、シフトによる時間的な拘束がなく、働く曜日や時間帯を自由に決められるため、副業として、あるいはちょっとしたスキマ時間に働くことも可能です。また、歩合制なので実績がそのまま報酬という結果に結びつくため、自分の能力を最大限に生かしながらモチベーション高く仕事を続けることができます。

フードデリバリーバイトのデメリット

フードデリバリーバイトのデメリット

フードデリバリーバイトは自転車やバイク、自動車に乗って業務をおこなうため、業務中に交通事故に遭う可能性が少なからずあります。大きな怪我をしてしまうと配達がおこなえなくなりますし、万が一加害者になってしまえばさまざまな責任を問われたり賠償金や慰謝料を請求されることもあり、お金を稼ぐどころではなくなってしまいます。

天候・気候に仕事の大変さや稼ぎやすさを左右されてしまうという点も挙げられます。条件が悪い日は配達効率が落ちるので思うように業務を進められず、「仕事がなかなか終わらない」「件数が稼げず報酬が少ない」という状況が起こりえます。そのような日に限って道に迷ってしまったり、配達ミスがおこったり、事故などの重大なトラブルを引き起こしてしまいがちなので、事前にしっかり対策をおこない、落ち着いて業務にあたることが重要です。

自分にとって働きやすく稼ぎやすいバイト先を選びたい

自分にとって働きやすく稼ぎやすいバイト先を選びたい

「本当に稼げるバイトはどれか」と題し、フードデリバリーバイトの概要や比較時のポイント、おすすめサービスなどをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

聞き馴染みのあるサービスから、これから拡大が期待できるサービスまで、デリバリーバイトとして働けるサービスは様々です。

自宅付近で働ける、時給が高い、シフト制ではないなど、働くうえでの条件があるかと思いますが、各バイトの特徴や仕事内容を確認し、自分にとって働きやすく、稼ぎやすいアルバイトが見つかると嬉しいです。

本文でも述べましたが、筆者が特におすすめしたいフードデリバリーバイトが「menu(メニュー)」です。配達員にとって嬉しいキャンペーンが多く、まだまだ配達員が少ないことから、配達機会が多いのが魅力です。配達員の登録はウェブで完結し、面接もないので、気軽に応募できます。

↓↓↓現在募集中のフードデリバリーのバイト↓↓↓

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【menu公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら