menuバイト(配達員)を始めるための準備と覚えておきたい3つのこと

2020年4月よりフードデリバリー機能を本格開始した「menu(メニュー)」は、東京23区を中心に、登録店舗数、利用者数が急増しております。利用ユーザーの拡大に伴い、menuバイト(配達員)へ応募する学生やフリーターも増え、数あるデリバリーバイトの中でも人気急上昇中です。

とはいうものの、必要な準備はあるのか?面接は必要なのか? などなど、

menuバイトを始める前に気になる情報が沢山あるかと思います。今回は、これからmenuバイトを始めていただく前に必要な準備と事前に知っておきたい3つのことをご紹介いたします。

menuバイトとは

menu株式会社が運営するフードデリバリーサービスにて配達員として働くアルバイトスタッフのことを通称「menuバイト」といいます。ピザやお寿司のデリバリーバイト同様、menuアプリにて注文された料理を配達することが仕事です。

menuバイトは、一般的なアルバイトにおけるシフト制とは異なり、自身が決めた時間に働き、配達件数に応じて報酬が支払われる出来高制が採用されております。そのため、働く時間を拘束されることはなく、自身のライフスタイルに合わせて働くことができることから、学生やフリーターの間で人気急上昇中です。

また、menuバイトでは、配達員が意欲的に働くことができるためのキャンペーンを実施しており、楽しく、沢山稼ぐためのシステムが整っていることから、他のアルバイトをしている方から注目されています。現在は、サービス開始から間もないため、Uber eatsや出前館などの他サービスに比べて配達員の数が少ないこともあり、配達員同士で注文を取り合わずに済むこともメリットの一つです。

では、menuバイトを始めるにあたって必要な準備を確認しておきましょう。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら


■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトの準備をしよう!

menuバイトは、一般的なアルバイトとは異なり面接はありません。会員登録をすることで、誰でもすぐに配達員として仕事を始めることができます。ここでは、menuバイトの会員登録手続きの流れや仕事を始めるにあたって準備するべきものなどについてまとめました。

まずは会員登録手続きをする

menuバイトを始めるには会員登録手続きが必要です。menu公式配達スタッフ応募ページにてメールアドレスを入力し、「配達員に応募する」をクリックしましょう。すると、登録したメールアドレスにウェブフォームが送られてきます。このフォームに必要事項を記入して送信すると、2~3週間ほどで会員登録が完了します。

銀行口座と身分証明書を準備

なお、会員登録手続きの際には報酬の振込先となる銀行口座情報とパスポートや免許証などの身分証明書が必要になります。スムーズに手続きを進めるために、予め用意しておきましょう。

自転車とバッグを用意する

menuバイトをするためには、交通手段とデリバリーバッグを用意する必要があります。交通手段は、バイクや原付、自転車などの中から自分に合ったものを選ぶといいでしょう。初めての方であれば、短距離の配達に便利な自転車を用意するとよいでしょう。

デリバリーバッグは、menuオリジナルのものを購入することができます。クールなデザインのデリバリーバッグなので、モチベーションも上がることでしょう。なお、menuバイトでは他のデリバリーバッグを代用することも許可されています。

配達可能エリアを確認する

menuは新しいデリバリーサービスのため、現時点では東京全域に対応しているわけではありません。2020年6月29日時点での対応エリアは、以下の通りです。

渋谷、新宿、四ツ谷、水道橋、六本木、銀座、勝どき、目黒、中目黒、三軒茶屋、下北沢、初台、西新宿、高田馬場、上野、秋葉原、浅草、両国、押上、錦糸町、堀切、東向島、八広、亀戸、日本橋、神田、新豊洲、飯田橋、赤坂、浜松町、麻布十番、早稲田、恵比寿、表参道、田町、品川、戸越銀座、大井町、武蔵小山、目白、茗荷谷、池袋、巣鴨、要町、中野、方南町、高円寺、永福町、明大前、阿佐ヶ谷、荻窪、西永福、吉祥寺、武蔵関、上井草、三鷹、西荻窪、久我山、井の頭公園、高井戸、雑色、新川崎、糀谷、蒲田、大森、千鳥町、西馬込、大井町、旗の台、雪が谷、武蔵小杉、二子玉川、大岡山、田園調布、等々力、自由が丘、学芸大学、駒沢大学、用賀、祖師ヶ谷大蔵、上町、梅ヶ丘、下高井戸、千歳船橋、成城学園前、八幡山、沼袋、練馬、江古田、駒込、西日暮里、南千住、町屋、北千住、平和台、千川、ときわ台、板橋、南千住、上中里

なお、対応エリアは急速に拡大中です。どのエリアが追加されたかを、定期的にチェックするようにするといいでしょう。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

配達の流れを確認【簡単③ステップ】

menuバイトの配達の流れはとても簡単で、誰でもすぐに慣れることができます。ここでは、配達の3ステップをご紹介します。

ステップ① アプリをオンにする

menuバイトを開始するときには、まずアプリをオンにします。そのままの状態で、注文が入るまで待機しましょう。

ステップ② 店舗で料理を受け取る

注文が入ったら、店舗に行って出来上がった料理を受け取ります。傾けてこぼしたりすることのないように、丁寧にデリバリーバッグに入れてください。

ステップ③ 指定の配達先に届ける

アプリに表示される地図を見ながら、配達先に向かいます。お客様に料理を届けたら、無事に配達完了です。

配達時の便利なグッズ

配達時に必須な持ち物はデリバリーバッグとスマホのみですが、その他にも持っていると便利なグッズは色々とあります。ここでは、配達時にぜひ用意したいグッズをご紹介します。

バッテリー

menuバイトの最中に一番困るのは、充電が切れてしまうことです。事前に充電しておくことが大切なのはもちろんですが、万が一に備えてバッテリーを持っていると安心だといえるでしょう。これから購入するのであれば、大容量をおすすめします。

充電ケーブル

バッテリーの代わりに充電ケーブルを用意するという方法もあります。長時間働く場合は途中で休憩を挟む時は、カフェなどでしっかり充電するといいでしょう。

スマホホルダー

スマホホルダーがあれば、両手がふさがっている状態でも地図を確認することができます。土地勘がない場所で配達する際には、とくに便利だといえるでしょう。

ヘルメット

自転車で配達をする場合は、東京都においてはヘルメットは必須ではありません。しかし、ヘルメットをかぶっているだけでお客さんは瞬時に「配達員だ」と判断してくれます。安全対策だけではなく、時短にも有効だといえるでしょう。

日焼け止め

menuバイトは屋外で行う仕事のため、日焼けが気になる方には必須です。汗をかくと流れてしまうため、こまめに塗りなおすようにしましょう。紫外線は1年中降り注いでいるため、夏以外の季節も日焼け止めを塗ることをおすすめします。

サングラス

日差しが強い日は、眩しくて真正面を見れないときがあります。事故を避けるためにも、サングラスは用意しておきましょう。100円均一ショップで手軽に購入することができますよ。

飲み物

体を動かす仕事ですので、飲み物を用意し、こまめに水分補給を行いましょう。

お弁当

menuバイトでは、注文が多く入るランチタイムやディナータイムに配達をしなければいけませんので、軽く食べれるお弁当があると仕事も捗ります。

着替え

雨の日や夏の暑い日などは、着替えを用意しておくと便利です。汗で身体を冷やないだけでなく、お客さんへの配達時の印象も変わります。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトで覚えておきたいこと3つ

せっかくmenuバイトをするのであれば、できるだけ効率よく稼ぎたいですよね。実際にたくさん稼いでいる人は多く、働き方次第で普通のアルバイトよりも高い時給・月収が期待できます。ここでは、menuバイトで稼ぐために覚えておきたいことを3つご紹介します。

配達員への報酬体系

menuバイトで稼ぎたいのであれば、まずは報酬体系を理解する必要があります。menuバイトの報酬は「基本料金」「インセンティブ」「ブースト」の3つから計算されます。以下で、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

基本料金

基本料金は、配達を完了するたびに発生する「回数報酬」と距離に応じて変動する「距離報酬」の2つから構成されます。回数報酬は毎回230円で固定されており、ピックとドロップで分かれていません。

距離報酬は、店舗から料理を取りに行く距離と店舗からお客さんに料理を届ける距離の合計値から算出されます。1㎞あたり75円で、10mあたりで計算されます。なお、距離報酬を算出する際には実際に走った距離ではなく直線距離が適用されるという点に注意しましょう。

インセンティブ

インセンティブには、「ランクボーナス」と「レベルアップインセンティブ」の2つがあります。どちらも経験値に応じてアップするため、配達すればするほど稼ぎやすくなります。

ランクボーナスは、直近8週間の経験値で決まり、最高ランクになると基本料金が2倍になります。ただし、ランク判定時に十分な経験値が貯まっていないとランクダウンしてしまうので注意しましょう。

レベルアップインセンティブは、レベルアップしたときにもらえる報酬です。通常は1,000円ですが、ランクによっては2,000円もらえる場合もあります。

ブースト

menuバイトのアプリを開くと、「ブーストエリア」を確認できます。決められた時間内でブーストエリアで配達を行うことによって特別報酬がもらえる仕組みとなっており、1回の配達あたりの単価がアップします。ほぼ毎日ブーストエリアが設定されているので、これを上手に利用することによって給料アップを狙えるといえるでしょう。

なお、ブーストエリアは事前に確認できる場合もあります。翌日にmenuバイトを行う場合などは、アプリを開いてお知らせをチェックしておくようにしましょう。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

配達員向けキャンペーン

配達員向けのキャンペーンが頻繁に開催されるのは、menuバイトの特徴の1つです。キャンペーンを上手に利用することで、簡単に収入アップを目指せるといえるでしょう。ここでは、2020年7月時点で開催されている3つのキャンペーンをご紹介します。

期間限定!ボーナス報酬キャンペーン!!

配達1回あたりの報酬が実質750円になります。ピック+ドロップの走行距離が2.0㎞以上の場合に適用されます。

新経験値システム!報酬&ブースト倍率UP!!

最高ランクアップ時の倍率が最大2倍になります。通常よりもお得に稼ぐことができます。

友達紹介キャンペーン!

紹介した人・された人に合計5万円がプレゼントされます。報酬の受け取り条件は、50日以内に30回の配達となっています。

地図は必ず読めるようにしよう

menuバイトの仕事内容はとても簡単で、基本的には誰にでもできる仕事だといえます。しかし、大前提として地図は読めなければいけません。約束の時間までに確実に商品をお届けするためにも、地図は必ず読めるようにしておきましょう。地図を読むことに自信がない人もいるかもしれませんが、慣れれば徐々に読めるようになってくるはずです。また、可能であれば配達を行うエリアの道を覚えるといいでしょう。

土地勘のあるエリアが多ければ多いほど、menuバイトでは有利になります。特に、人気のお店が多く、注文が集中するエリアの道には慣れておきましょう。地図を見たり実際に回ったりして、全体を把握するように心掛けるといいでしょう。

まとめ

menuバイトへの応募準備はいかがでしょうか。

応募ページから会員登録をするだけで簡単に始めることができ、必ず準備しなければいけないものは交通手段、デリバリーバッグ、スマホの3つだけです!

他のデリバリーバイトに比べて、配達機会が多い今がチャンス!

好きな時間に、好きなだけ働けるため、掛け持ちもOK!

今よりもっと稼ぎたい、スキマ時間を有効活用したい、掛け持ちしたい、などなど、、、色々な方におすすめです。

皆さんも是非、今すぐ応募してみてはいかがでしょうか!

UberEatsや出前館、menu、Wolt、DiDifoodや
ピザーラ、ピザハット、銀の皿、ケンタッキー、マクドナルドなど
全国40000件以上の求人を検索! デリバリー配達員の求人検索なら「デリバリーフードNAVI(求人)」