menuバイト|学生・フリーター・副業向け、登録方法や他バイト給料比較

最近ではデリバリーバイトの中でも、学生やフリーター、女性など幅広い層に人気があり、副業でmenuバイトをしているという人も増えてきました。これからmenuバイトを始めてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

今回は、menuバイトの給料や他のデリバリーバイトとの違い、人気の理由などについてまとめました。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら


■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトって稼げるの?

アルバイトをするのであれば、給料が高いに越したことはありません。ここでは、menuバイトで本当に稼げるのかについてみていきましょう。

時給換算は高め

menuバイトは完全出来高制であるため、普通のアルバイトのように時給が決まっているわけではありません。そのため実際に稼げるのかどうかが分からず、始めるまで躊躇している人もいるのではないでしょうか。

menuバイトでは、配達料は「基本料金-サービス手数料+インセンティブ」で計算されます。基本料金は配達が完了した際に発生する「回数報酬」と配達距離に応じて発生する「距離報酬」の2つからなり、回数報酬は1回あたり230円、距離報酬は10mあたり0.75円です。回数報酬に関して、ピックとドロップの報酬は分かれません。

インセンティブには直近8週間の経験値の合計から計算される「ランクボーナス」と今までの合計の経験値で決まる「レベルアップインセンティブ」の2つがあります。経験が多くなれば多くなるほどインセンティブが上がるため、稼ぎやすくなるといえます。

さらに、キャンペーンの機会が多くあるのもmenuバイトの特徴です。キャンペーンの例としては、配達1回あたり実質750円になる「期間限定報酬ボーナスキャンペーン」、配達実績に応じて報酬が最大2倍アップする「報酬倍率ブーストキャンペーン」、友達に紹介することでプレゼントがもらえる「お友達紹介キャンペーン」などがあります。キャンペーンを上手に利用できれば、時給換算は大幅に上がるといえるでしょう。

このようにmenuバイトには効率よく稼ぐためのシステムが多く用意されているため、時給換算は他のアルバイトよりも高い傾向にあるといえます。時給換算で1,500円を超えることは決して難しくないといえるでしょう。

とはいえ、menuバイトを経験した人の中には「menuバイトをしたけれど稼げなかった」方がいることも事実です。本気で稼ぐためには、コツを押さえることが重要だといえるでしょう。

menuバイトで稼ぐための具体的なコツとしては、注文が多く入る雨の日や休日に働く、土地勘のある地域で配達を行う、人気のある店舗の近くで待機するなど、各々工夫して働いています。menuバイトを継続することでコツがつかめてくるため、徐々に稼げるようになるはずです。

Uber eatsバイトと比べてどうなの?

menuの類似デリバリーサービスとして、Uber eatsがあります。どちらも完全出来高制のため、似た特徴を持っているといえるでしょう。

menuの大きな特徴としては、独自のボーナス制度が挙げられます。働けば働くほど稼ぐことができるシステムが採用されているため、アカウントを育てていく楽しみがあります。徐々にランクが上がっていくため、ゲームをするような感覚で働くことができるのではないでしょうか。

また、Uber eatsでは店舗の近くにいる人に対して個別にデリバリー依頼が来るのに対し、menuでは早い者勝ちです。注文があったときに一斉に通知が配信されるため、本気で仕事に取り組んでいる人ほど仕事を受託しやすくなります。のんびりと待機しているだけでは仕事が来ないため大変な面はありますが、努力が給料に反映されやすいともいえるでしょう。

もちろん、menuとUber eatsの両方でデリバリーバイトを行うことも可能です。例えば、東京23区であれば両方のアプリが対応しているため、掛け持ちすることでより効率的に仕事を獲得することができるといえるでしょう。待機時間を減らすことができれば、それだけ時給換算は高くなります。ただし、一度受注したらもう1つのアプリをオフにするのは忘れないようにしましょう。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

学生、フリーター、副業で人気の理由

しっかり稼げる点がmenuバイトの大きな魅力ですが、学生やフリーター人気がある理由はそれだけではありません。ここでは、普通のアルバイトとは違うmenuバイトならではのメリットについてみていきましょう。

即日で給料がもらえる

menuバイトの良いところは、すぐに給料を受け取れるということです。現在は週払いを採用しており、今週稼いだ分は来週に口座に振り込まれます。他のアルバイトでは月払いが一般的ですが、金欠で悩んでいる場合や直近に大きなイベントを控えている場合には1ヶ月は待てません。できるだけ早くお金が欲しいというときには、menuバイトはぴったりだといえるでしょう。

また、アプリ上でいくら給料が貯まっているのかを確認できるのも嬉しいポイントです。時給制ではないため給料の算出方法がやや複雑ですが、自身で計算する必要はありません。アプリで現在の給料を確認し、その額に応じてどのくらい働くかを決めることで目標額を達成することができます。

なおUber eatsバイトもmenuバイトと同様に週払いですが、menuバイトでは日払い機能の実装を検討しています。即日の受け取りが可能になれば、さらに利便性はアップするといえるでしょう。他のアルバイトをしているという人も、menuバイトと掛け持ちすることによっていざ金欠になった場合の保険になるといえるのではないでしょうか。

暇な時間に働ける

menuバイトは完全出来高制のため、決められたシフトはありません。自分のライフスタイルやその時々の都合に合わせて働くことができます。30分あれば1件の配達が可能なため、ちょっとしたスキマ時間も有効活用することができます。

例えば、学生であれば、講義と講義の間に暇な時間ができることは少なくありません。学校の近くで時間をつぶさなければいけないことも多いことでしょう。しかし、menuバイトをしていればその時間にお金を稼ぐことができます。

また、シフトが安定しないことで悩んでいるフリーターはたくさんいます。先週は5日間シフトが入ったけれど今週は3日間のみ、という場合もあるのではないでしょうか。そのようなときは、暇な時間を利用してmenuバイトをすることでトータルの給料を安定させることができます。

menuバイトが女性にも人気があるのは、このように自由な働き方ができるためだといえます。小さな子供がいる場合、アルバイトをするのは簡単ではありません。急に子供が熱を出した場合などはすぐに帰宅しなければいけないため、後ろめたさを感じてしまうこともあります。しかし、menuバイトであれば無理なく働くことができるため、育児と仕事を両立するストレスも大きく軽減されるといえるでしょう。

このように、menuバイトは非常に融通が利くアルバイトだといえます。他のアルバイトや学業、家事、育児で忙しいという人でも、少しだけ暇な時間があれば簡単に稼ぐことができます。副業としてもうってつけだといえるのではないでしょうか。

登録簡単で面接なし

アルバイトを始めるときには、面接があるのが一般的です。そのため、やりたいアルバイトが見つかったからといって必ず働けるわけではありません。また、面接で緊張してしまうがためにアルバイトを始めるのを躊躇する方もいることでしょう。

その点、menuバイトであれば面接の心配をする必要は一切ありません。サイトから登録するだけで、誰でもすぐに働き始めることができます。新しいアルバイトを始めるには多少の勇気が要りますが、menuバイトなら気軽に始められるのではないでしょうか。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトで気をつけること

ここまでご説明した通り多くのメリットがあるmenuバイトですが、働く際に気を付けるべきこともいくつかあります。実際にmenuバイトを始める前に、ぜひ確認するようにしてください。

配達バッグと自転車を調達

menuバイトを行う際には、配達バッグを調達しなければいけません。また、移動手段として自転車、原付、バイクなどを用意する必要があります。そのため、menuバイトを開始するにあたって多少の出費があることは覚えておきましょう。

配達バッグは、menuデリバリーバッグが3,900円で販売されています。クールなデザインのデリバリーバッグで、1人1点までの注文となっています。menuでは自社以外のデリバリーバッグの使用も許可していますが、手持ちのデリバリーバッグがない場合にはmenuのデリバリーバッグを購入するといいでしょう。

また、自転車や原付、バイクなどをすでに所持している場合は、新しいものを調達する必要はありません。しかし、持っていない場合には購入またはレンタルする必要があります。長期間menuバイトをする予定なのであれば、購入したほうが最終的な出費は少なくなるかもしれません。

なお、原付やバイクがあれば遠方への配達も短時間で完了することができます。menuバイトを中心に本格的に稼ぎたいのであれば、原付やバイクを用意することをおすすめします。しかし、空き時間を利用して少しだけ稼ぎたいのであれば自転車でも十分だといえるでしょう。どのような働き方をしたいかを考慮しつつ、適切な移動手段を考えてみてください。

事故やトラブルも起こり得る

menuバイトを行うときに最も気を付けなければいけないのは交通事故です。残念ながら、デリバリーバイトの最中に事故が起きることは少なくありません。また、menuバイトが忙しくなるのは多くの人が外出したがらない天候が悪い日です。当然ながら、視界や足元が悪くなるため事故の可能性が高くなります。menuバイトでしっかりと稼ぐためには雨の日の配達は避けられませんが、そのようなときほど安全運転を意識して配達を行いましょう。

さらに、menuバイトに起こり得るトラブルは事故だけではありません。普通のアルバイト以上にお客さんにクレームを付けられる可能性が高いということも知っておく必要があります。コミュニケーションがあまり必要ないといわれるmenuバイトですが、場合によってはクレームへの対処を行わなければいけません。

また、menuバイトでクレームが多い理由としては、周りの目がないということが挙げられます。店舗内では他のお客さんの目が気になって何も言わないという人も、1対1のときにはクレームを付けることがあります。よくあるクレームの内容や正しい対処法をあらかじめ確認しておくと、いざという時にも落ち着いて対処できるといえるでしょう。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトに登録するには?

menuバイトに登録するには、まずはmenu公式配達スタッフ応募ページにてメールアドレスを登録します。すると登録したメールアドレスに応募のためのウェブウォームが送られてくるので、そこに必要情報を入力します。このときに免許証やパスポートなどの個人証明書と給料の振込先の銀行口座情報が必要になるので、あらかじめ準備しておくといいでしょう。

その後、登録が完了したらアプリをダウンロードして仕事を開始します。アプリの使い方はとても簡単で、働きたいときにアプリを起動してステータスをオンラインに変更し、デリバリー案件が見つかったら申し込みボタンをプッシュするだけです。初めての人でも、問題なくアプリを使いこなせるはずです。

なお、menuバイトは非常に人気があるため登録完了までに時間がかかることがあります。現在は平均で2~3週間ほどかかるようなので、早く仕事を始めたいという人は少しでも早く応募することをおすすめします。

まとめ

menuバイトは、学生やフリーター、女性から高い人気を誇っています。menuバイト1本だけでしっかり稼ぐことも、副業として暇なときだけ働くことも可能です。さらに、運動不足解消につながるなどの嬉しいメリットもあります。少しでもmenuバイトに興味があるという人は、ぜひ下記ページより応募してみてはいかがでしょうか。

UberEatsや出前館、menu、Wolt、DiDifoodや
ピザーラ、ピザハット、銀の皿、ケンタッキー、マクドナルドなど
全国40000件以上の求人を検索! デリバリー配達員の求人検索なら「デリバリーフードNAVI(求人)」