menuバイトの評判・口コミ|Uber eatsや出前館と比べて稼げるの?

現在人気急上昇中のmenuバイトですが、実際の評判や口コミは気になりますよね。「デリバリーバイトはきついのではないか」「本当に稼げるのだろうか」などと不安を感じている人もいるかもしれませんが、実際にmenuバイトをした人の体験談を聞けば安心して働き始められるはずです。

ここでは、menuバイトの評判や口コミについてまとめました。また、同じくデリバリーバイトとして人気があるUber eatsや出前館との違いについてもご紹介します。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら


■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトの評判・口コミ

CMや動画広告などでもお馴染みのデリバリーサービス「menu(メニュー)」ですが、利用者が増える一方で、menu配達員としてデリバリーバイトを始める人も急増しています。まずは、menuバイトの評判・口コミを項目ごとにみていきましょう。

時給と対応エリア

やはり、デリバリーバイトを始めるにあたって最も気になるのが時給ではないでしょうか。menuバイトは出来高制であるため、時給換算は配達員によって異なります。効率よく働けばそれかけ時給換算は高くなり、のんびりと仕事をしていれば時給換算は低くなります。

しかし、menuバイトの評判や口コミを確認すると、「menuバイトは短期間で稼げる」、「普通のアルバイトよりも割がいい」という意見が多くみられます。menuバイトをしている全員が稼げているというわけではないものの、コツさえつかめば普通のアルバイト以上に稼げる可能性が高いといえるでしょう。

各デリバリーサービスで給料の算出方法は異なりますが、menuバイトの場合は「給料=基本料金-サービス手数料+インセンティブ」となっています。基本料金は回数報酬と距離報酬から構成され、遠方へ配達するとそれだけ基本料金が上がります。インセンティブは経験値に応じて発生し、menuバイトとして仕事を多くこなすとそれだけインセンティブが高くなります。

さらに、menuバイトでは頻繁にキャンペーンが開催されており、時期によっては基本料金やインセンティブが大幅にアップします。インセンティブを上げたりキャンペーンを利用したりすることで、時給換算が上がるといえるでしょう。取り組み次第で時給1,500円越えを目指すこともできます。

また、対応エリアもデリバリーバイトを行ううえで必ず確認したいポイントで、口コミでは「menuバイトに興味があったけれど住んでいる地域で対応していないから諦めた」という人もいるようです。

menuは比較的新しいデリバリーサービスであり、対応エリアは東京23区が中心となっています。そのため、それ以外のエリアに住んでいる人にとっては働きにくいかもしれません。しかし、対応エリアは急速に拡大中です。対応エリアの関係で今はmenuバイトが難しいという人も、近い将来に住んでいる地域が対応エリアに含まれるかもしれません。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

普通のバイトよりは働きやすい

menuバイトの口コミでは、「普通のアルバイトよりも働きやすい」というものが多くありました。働きやすいと感じる理由は多岐にわたりますが、中でも多く挙げられたのが、「人間関係に悩まされることがない」というものです。

配達は1人で行い、会話は商品の受け渡し時の数分間であるため、コミュニケーションが苦手な人にとっても苦になりません。もちろん嫌な上司や意地悪な同僚もいないため、気楽に働くことができるといえるでしょう。

また、「時間の融通が利く」という点を挙げる人も多くいました。普通のアルバイトでは、自分の希望以上にシフトを入れられてしまうことが少なくありません。それとは逆に、十分にシフトを入れてもらえずに稼げないということもあります。しかし、menuバイトであれば好きな時間に好きなだけ働くことができるため、誰にとっても働きやすいといえるのではないでしょうか。

お金の振込が早くて嬉しい!

「給料がすぐに振り込まれるから助かる」という口コミも多くありました。何らかの理由ですぐに現金が必要になることは少なくありません。とくに、新型コロナウイルスの影響でそのような状況に追い込まれた人は少なくないことでしょう。通常のアルバイトは月払いのため、焦ってしまうこともあるかもしれません。

その点、menuバイトであれば週払いを採用しているため、稼いだ分の給料をすぐに手にすることができます。また、どのくらい給料が貯まっているかはアプリを開けば一目で確認できます。他のアルバイトにはない、大きな利点だといえるでしょう。

さらに、現在menuでは日払いを検討しています。日払いが可能になれば、現在の週払い以上にスピーディーにお金が振り込まれるため、いざという時には非常に助かるはずです。万が一金欠になったときに備えて、他のバイトとmenuバイトを掛け持ちするのもいいかもしれません。

menuバイトはきつい?

残念ながら、menuバイトの口コミは必ずしもポジティブなものばかりではありません。中には、「menuバイトはきつい」という口コミもあります。他のアルバイトでも同様ですが、必ずしも楽にたくさん稼げるわけではないということは頭に入れておく必要があるといえるでしょう。

とくにmenuバイトがきついと感じるのは、悪天候の日です。商品が雨に濡れないように十分に注意しなければいけないのはもちろんのこと、安全確認にも気を遣わなければいけません。また、暑い日や寒い日の配達はかなり体力を消耗します。体力が自信がない人にとっては、大きな不安材料だといえるでしょう。

「原付やバイクであれば疲れないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、長時間配達を続けているとかなり体力を削られます。体力に自信がない場合は、短時間の配達から始めるといいかもしれません。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

クレーマーに遭遇することも…

「お客さんからクレームが入って嫌な思いをした」という口コミも散見されました。

クレームの内容としては、

・中身がこぼれていた

・割り箸が付いていなかった

・約束の時間より遅かった

などが多いようです。運悪くクレーマーに遭遇すると、精神的につらいこともあるかもしれません。

店舗で食事をしている場合、多くの人はよっぽどのことがない限りクレームを付けません。これは、周りで食事をしているお客さんの目が気になることが原因だといえるでしょう。しかし、配達員から料理を受け取るときは1対1のため周囲の目はありません。そのため、クレームを付けられる可能性が高くなります。

残念ながら、クレーマーを完全に避けることはできません。万が一クレーマーに遭遇したら、しっかりとお客さんの話を聞いたうえで丁寧な対応を心掛けましょう。

Uber eatsや出前館と比べると?

デリバリーバイトには、menuの他にUber eatsや出前館が有名です。出前館のデリバリーバイトは、シフト制だという点がmenuやUber eatsとの一番の違いだといえます。給料は出来高制に比べると安定しやすいものの、時間的な拘束があることが難点です。

menuとUber eatsのデリバリーバイトのシステムはよく似ていますが、稼ぎやすいのはmenuバイトだといえます。これは、menuバイトには独自のボーナス制度が設けられているためです。menuバイトで経験値を積んでアカウントを育てていけば、Uber eatsのデリバリーバイトよりも効率的に稼ぐことが可能だといえるでしょう。

なお、デリバリーバイトは掛け持ちすることも可能です。どのデリバリーバイトにするか決めかねているという場合は、掛け持ちを考えてみてはいかがでしょうか。

menuバイトの特徴

menuバイトは、通常のアルバイトとは多くの違いがあります。メリットが多く、誰でも気軽にチャレンジできる仕事だといえるのではないでしょうか。ここでは、menuバイトの主な特徴をみていきましょう。

面接・研修なし

menuバイトの大きな特徴の1つとして、面接がないということが挙げられます。通常のアルバイトであれば、応募した後に面接を受け、合格しなければ働き始めることができません。しかし、menuバイトでは面接がないため、当然ながら採用されないということはありません。やりたいという気持ちさえあれば、誰でもmenuバイトをすることができます。面接に対して苦手意識がある人でも、menuバイトなら気軽に始められるといえるでしょう。

また、menuバイトでは研修は一切ありません。研修を設けているデリバリーバイトもありますが、menuバイトは業務内容が非常にシンプルであるため研修を受ける必要はありません。店舗から料理を受け取ってお客様のところまで届けるだけのため、登録が完了したらすぐに働くことが可能です。できるだけ早くお金が欲しいという人にとっては、大きなポイントなのではないでしょうか。

服装・髪型自由

menuバイトでは制服は用意されておらず、服装や髪型は自由です。仕事用の服を用意する必要がないため、余計な出費はかかりません。また、髪の毛を派手な色に染めている人でもそのまま問題なく仕事をすることができます。髪型が理由で他のアルバイトができないという人にとっては朗報なのではないでしょうか。

また、仕事をするときにわざわざ着替えたり髪の毛を結んだりする必要はありません。そのため準備に手間がかからず、すぐに仕事に向かうことができます。予定のキャンセルなどで急に時間ができた場合にそのままの服装・髪型ですぐに働けるのも、menuバイトの大きなメリットだといえるでしょう。

時間に縛られずに働ける

デリバリーバイトは出来高制の場合とシフト制の場合がありますが、menuバイトは完全出来高制です。決められたシフトは一切ないため、時間に縛られることはありません。課題や試験、他のアルバイトで忙しい時期は働く時間を減らすなど、自分のライフスタイルに合わせて自由に働き方を変えることができます。もちろん、仕事を理由に誘いを断る必要もありません。

また、menuバイトであればちょっとしたスキマ時間を利用して稼ぐことができます。シフト制のバイトの場合はまとまった時間がなければシフトを入れてもらうことができませんが、menuバイトならたった30分の時間でも仕事をして稼ぐことができます。待ち合わせ前の時間などのスキマ時間を利用してコツコツ仕事をすることで、効率的に稼ぐことができるといえるでしょう。

このように時間に縛られないことは、子育て中の女性にとって非常に好都合だといえます。小さな子供は急に体調を崩すことが多く、保育園から連絡が来たらすぐに仕事を切り上げて向かわなければいけません。その際に、バイト仲間に迷惑をかけてしまうことは少なくないはずです。しかし、menuバイトであれば決められたシフトがないうえに1人で仕事をするため、後ろめたさはありません。無理なく子育てと両立することができるのではないでしょうか。

menuバイト登録までの流れ

前項でご説明したとおり、menuバイトには面接はありません。Webサイトから登録さえすれば、誰でもmenu配達員として働くことができます。

現在は応募から登録完了までに2~3週間ほどかかるので、すぐに働き始めたければ、できるだけ早く応募をしておくことをおすすめします。また、自転車や原付などの移動手段とデリバリーバッグを用意しておくと登録が完了し次第すぐに仕事を開始することができます。

まとめ

ここでは、menuバイトの評判や口コミをご紹介しました。「きつい」、「クレームを付けられた」などのネガティブな口コミもあるものの、「稼げる」、「働きやすい」、「振り込みが早い」などのポジティブな口コミはより多くみられました。menuバイトは、公式サイトから登録するだけですぐに始められます。少しでも興味があるという人は、まずは気軽に応募してみてはいかがでしょうか。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから