ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員は週10万円以上も稼げる!週払いで入金されるので短期で稼ぎたい方もおすすめ

ウーバーイーツ(Uber Eats) 配達パートナーは、シフトなし・単発・短期OK!面接なし・WEB登録のみ!
好きな時間に働いて、一般的なバイトより稼げる人気の単発バイトです。しかも配達員の応募エリアは、47都道府県にて応募中
Uber Eats配達員の以下「Uber Eats公式応募ページ」から即座にWEB登録が可能です!

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

オススメポイント

街中でよく見かけるUber Eats(ウーバーイーツ)配達員。実は週10万円以上稼げることをあなたは知っていますか?
この記事では、Uber Eats配達員への登録方法や報酬の振り込み、実際にどれくらい稼げるのかについて解説します。結論から言うと、短期で稼ぐためにはUber Eats配達員がおすすめと理解できるはずです。
スキマ時間を活用したい方はもちろん、がっつり稼せぎたい人にも、魅力的な仕事です。
Uber Eats配達員を始めるには、Web上のフォームから登録するだけと至って簡単。スマホを持っている18歳以上であれば誰でも登録でき、履歴書や面接は一切ありません。
WEB登録は、たったの5ステップです。興味がある方は、ぜひWEB登録しましょう。

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

<稼働可能エリア>全国47都道府県(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

Uber Eats配達員に登録する人はどんな人?


Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員に登録している人たちは、さまざまです。前述の通り18歳以上であれば誰でも働くことが可能。男性女性年齢問わず、学生から、フリーター、主婦(夫)、シニア、副業の方まで様々な人が登録しています。最近では、リモートワークが増えている中で、副業として配達員をしている人も多数います。また、他の配達員バイトを行いながら、兼業でUber Eats(ウーバーイーツ)配達員を行なっている人も多くいます。
その理由のひとつは、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は登録制のため、一度登録してから働くことを強制的に求められないからです。つまり、一度登録しておけば、好きな時に、いつでも働けると言うこと。
一度、興味を持ってみたので、登録してみた。その後、配達員を体験してみたけど、ちょっと今は体力的に、スケジュール的に厳しいなという場合は、
誰にも連絡せずに、しばらくお休みしてもOK!
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員に興味を持ってみたら、まずは、気軽にWEB登録してみることをお勧めします。

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

Uber Eats配達員の報酬体系は?


Uber Eats配達員の報酬体系は図のようになっています。

ベース料金と配達調整金から成る「基本料金」から10%の「サービス手数料」が差し引かれます。それにさまざまな「インセンティブ」が付加された金額が報酬となります。

1週間でどのくらい稼げるのか?


ここまで紹介したUber Eats配達員は、実際1週間でどれくらい稼げるでしょうか?
表でまとめたものはこちらです。

それでは、以下の3つのモデルケースについて、それぞれ詳細を見ていきましょう。

■週2回夜のピークタイムのみ副業で配達
■週3回フルタイムで配達
■週7回毎日フル稼働

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

週2回夜のピークタイムだけ副業配達(週6000~14000円)

まずは、週2回夜のピークタイム(17時~21時半)に配達した場合を見ていきましょう。

平日だと仕事終わりの会社員、土日だと家族での夕食で利用される方が多く、うまくいけば4時間半の間通知が鳴りやみません。初心者でも1日あたり4,000~6,000円稼ぐことができ、コツを掴めばさらに上を目指すことも十分可能でしょう。

また、配達回数に応じて追加報酬がもらえる「クエスト」という制度があり、副業で達成可能な1番下のミッションを選んで達成すると2,000~3,000円追加で支払われます。
(週によって支払い条件や報酬額は前後します)

週3回フルタイムで配達(週30000~40000円)

続いて、週に3回フルタイムで配達した場合です。

フルタイムといっても、会社員のように9時から17時だとあまり稼げません。
先ほど紹介した夜のピークタイムに加えて「昼のピークタイム(11時~14時)」に稼働するのが1番効率が良いでしょう。

この場合、おおよそ以下のような内訳となります。

■昼のピークタイム(1日あたり):3,000~4,000円
■夜のピークタイム(1日あたり):4,000~6,000円
■クエスト(1週間分):5,000~5,500円

特にクエストは「月~木」「金~日」で分かれているので、稼働日を以下にするとクエストを攻略しやすいのでおすすめです。

■月~木のうち2日稼働、金~日のうち1日稼働
■月~木、もしくは金~日で3日間稼働

週7回毎日フル稼働(週70000~100000円

最後に、週7回毎日フル稼働したときについて見ていきましょう。
先ほど紹介した時間帯で稼働し、クエストも最も配達回数が多いものにした場合は以下となります。

■昼のピークタイム(1週間合計):21,000円~28,000円
■夜のピークタイム(1週間合計):28,000円~42,000円
■クエスト(1週間分):15,000~20,000円

10万円を達成するためには、おやつタイム(15時前後)や夜食タイム(夜10時以降)も少し稼働する必要がありますが、努力次第で十分達成可能なことがお分かりいただけたでしょう。
加えて、決められた時間やエリアで配達すると報酬が上がる「ブースト」や雨天時に生じる「雨の日クエスト」をうまく使えば、さらに上を目指すこともできます。

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

Uber Eats配達員の報酬はいつ振り込まれる?


先ほども紹介したように、Uber Eats配達員の報酬は週払いで支払われます。
手数料や支払われる曜日などについて、この章で詳しく見ていきましょう。

報酬の振込は週払い!お金が欲しい時にもすぐ稼げる

Uber Eatsの報酬は、登録時に指定した銀行口座へ週に1度振り込まれます。
このことから、急な出費でお金が必要になったときに稼ぐにはもってこいといえるでしょう。

また、報酬から振込手数料が差し引かれることはなく、アプリ上で表示された金額通り振り込まれるのもUber Eatsの魅力です。
余談ですが、ゆうちょ銀行やネット銀行、信用金庫の口座は登録できませんので注意しましょう。

毎週月曜日に報酬が確定し、水曜日に振り込まれる

Uber Eatsの報酬は毎週月曜日の午前4時に締められ、同じ週の水曜日に支払われます。(登録している銀行口座によって異なる場合があります)
例えば、8月1日(月)から8月7日(日)の報酬は8月8日(月)の午前4時に確定、8月10日(水)に入金されるといったようにスムーズです。

ただし、水曜日が祝日の場合はもちろん、Uber Eatsの本国であるアメリカが祝日や長期休みだと振込日時が前後することがあります。

Uber Eats配達員の登録方法は?

ここまでの内容を見て、Uber Eats配達員を始めたくなった人もいるのではないでしょうか。
そんな方に向けて、最後に登録方法を紹介します。
少しでも気になった方は、応募ボタンから、サクッと登録しましょう。

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

登録の条件

Uber Eats配達員への登録条件は、以下の2つだけ。

■18歳以上
■SMSや電話ができるスマホを持っている

アルバイトと違って履歴書や面接は一切ないので、学歴や職歴に関係なく誰でも簡単に始めることができます。ただし、外国人の方が登録する場合は、在留カードとパスポートの両方が必要ですので注意しましょう。

登録の手順

Uber Eats配達員は、以下のようにたった5ステップで登録できます。

1.Uberのアカウントを作成する
2.配達する車両の種類を選び、必要な書類をアップロードする
3.銀行口座を登録する
4.配達バッグを購入する
5.交通ルールクイズに答える

交通ルールクイズに回答してから48時間前後でアカウントが有効になります。
好きなタイミングで配達が始められます。

本記事で記載しているように、Uber Eats配達員は、WEB登録のみで簡単に仕事を始めることができ、
かつ、シフトに縛られない。好きな時間に働ける人気の仕事です。
高報酬を目指してがっつり働きたい方、スキマ時間を活用して稼ぎたい方、両者にとってメリットの高い仕事となります。
登録制のため、一度登録した後は、働くタイミングは自由。ぜひ興味持った方には、一度WEB登録をすることをお勧めします。

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら