Amazon Flex (アマゾンフレックス) 配達員の登録方法は? 条件や必要書類、仕事内容についても徹底解説

Amazon Flex 配達員 -自転車での配達員募集がついに開始

Amazon Flex (アマゾンフレックス)は軽貨物でのドライバーの募集を全国で行なっています。そしてついに、自転車の配達員の募集も首都圏にて開始されました。Amazon Flex(アマゾンフレックス)の配達員の仕事は、時給換算すると2000円程度、頑張り次第で月に60万以上の報酬を得ることが可能。電動自転車とリアカーが必須ですが、Amazonでのレンタルが用意されています。ですので、準備物なしで開始できるので、フードデリバリーには自転車やバックなど準備物が必要であることを踏まえると、Amazon Flex(アマゾンフレックス)の配達員のお仕事は、より気軽に始められる配達員バイトとなります。
※Amazon Flex(アマゾンフレックス)の配達員(配送ドライバー)の募集は、今までは、軽バンなどの軽貨物ドライバーに限定。つまり、普通自動車免許が必須となっていました。車が無くてもレンタル・リースで開始も可能です。電動自転車よりも稼げますので、こちらもチェックください。

詳細に関しては、後述しますが、Amazon Flex(アマゾンフレックス)の配達員の仕事も、ほかデリバリーサービス同様、アプリを起動して、好きな時間に働くことが可能。配達員バイトは複数サービスを兼業することが、報酬を最も稼げる方法の一つでもあるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館などのフードデリバリーの配達員を行っている方は、Amazon Flex(アマゾンフレックス)の配達員への登録も、配達員バイトで効率的に稼ぐなら、ぜひ登録するべきサービスになると考えます。

↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(自転車)】応募ページはこちら


↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(軽ドライバー)】応募ページはこちら

Amazon Flex 配達員(配送ドライバー)とは?

Amazon Flex(アマゾンフレックス)は、大手通販サイトであるamazon(アマゾン)の荷物を配送する仕事です。ほかデリバリーサービスと同様、個人とamazonとが直接業務委託契約を結び、配達員が荷物を配送。アプリを起動して、働く時間や日も自由に選ぶことができます。
Amazon Flex(アマゾンフレックス)では現在、電動自転車と、軽貨物ドライバーの2パターンの募集を行っています。

電動自転車の配達員について

電動アシスト付自転車にリアカーを装着の上、お客様がAmazonで購入された商品を、指定の場所に配達する仕事です。グローバルレベルでの二酸化炭素削減に向けて、海外では既に始まっており、日本でもついに解禁されました。20歳以上の方で、スマートフォンを持っていて、電動自転車に乗れる方であれば、誰でも応募可能。前述していますが、電動自転車とリアカーのセットはレンタルも可能。アプリを起動して、好きな日に、好きな時間に働くことが可能です。

軽貨物ドライバーの配達員について

自動車(軽バン)にて、お客様がAmazonで購入された商品を、指定の場所に配達する仕事です。配送経験者の方はもちろん、未経験の方、男性、女性、シニアの方も含め幅広い層の方が活躍しています。必要なものは、スマートフォンと普通運転免許と任意保険(※ 補償金額:対物1億円以上、対人無制限)と黒ナンバーの軽貨物車となります。黒ナンバーの軽バン車両は、リース・レンタルの仕組みもAmazonが用意。電動自転車の配達員同様、アプリを起動して、好きな日に、好きな時間に働くことが可能です。

Amazon Flex 配達員(配送ドライバー)の仕事内容は?

Amazon Flexの配達の仕事は、シンプルです。アプリで配達ブロック(稼働時間帯)を洗濯して、配送ステーションで荷物を受け取り、配達するだけです。仕事の内容は、電動自転車の場合も、軽貨物ドライバーの場合も違いはありません。

<仕事の流れ>
1.配達ブロックを選択 〜 アプリにて働く時間を選択
2.荷物をピックアップ 〜 配送ステーションで担当する荷物をピックアップ
3.お客様へ配達 〜 アプリのルートを参照しながら配達

フードデリバリーの配達員の仕事との違いは、配達ステーションに行く必要があるということ。一方で、配達ステーションに行けば、配送の案件を一括で受けることができるので、フードデリバリーの配達員でありがちな、案件の取り合いや、案件が発生せず、待ち時間が発生するようなことはありません。無駄時間がないという点は、Amazon Flex(アマゾンフレックス)の利点です。

Amazon Flex 配達員(配送ドライバー)の報酬体系は?日払い?週払い?

まず、Amazon Flex (アマゾンフレックス)配達員の報酬は「週払い」となります。
報酬の仕組みに関しては、1ブロックというAmazon Flex(アマゾンフレックス)独自の単位に基づいて設計されており、1ブロック(4〜5時間見込みの仕事)に報酬が決められています。また、1ブロックの報酬は地域エリアによって異なります。Amazon Flex(アマゾンフレックス)の公式ページに記載されている関東エリアの地域例を紐解くと、

電動自転車での配送の場合は
1ブロック(4時間程度の見込みの仕事)= 7,468円程度

軽貨物での配送の場合は
1ブロック(4時間程度の見込みの仕事)=8,148円程度
1ブロック(5時間程度の見込みの仕事)=10,185円程度

となっています。1ブロックあたりの報酬に関しては、配達員登録後、アプリにて各エリアの報酬の確認が可能。報酬の金額を明確に理解した上で、仕事を開始することができます。
ほかデリバリー配達員の仕事によくあるように、「一件の配達に報酬が支払われる」ような歩合制の仕事にありがちな「働いた時間の割に稼げない」ということはなく。1ブロック単位の働いた分だけ、しっかり報酬を得ることができます。

また、配達は稼働時間内に早く終わらせれば、その時点で、仕事は終了となります。
逆に、時間内に荷物を配達できなければ、
配送ステーションに戻る必要はありますが、ブロック分の報酬は支払われます。

フードデリバリー配達員の仕事を組み合わせるとしたら、フードデリバリーの儲けのピーク時間(ディナーなど)以外の時間を、Amazon Flex(アマゾンフレックス)の配達員の仕事時間とするなど組み合わせることで、1日の稼ぎの最大化につながるかもしれませんね。

Amazon Flex 配達員(配送ドライバー)はどこまで稼げるの?

前述した、ブロック報酬とAmazon Flex(アマゾンフレックス)の公式ページを例に電動自転車の場合、軽貨物ドライバーの場合の1ヶ月の最大報酬を計算してみます。

電動自転車の配達員の場合

報酬を最大化させるため、1日に2ブロック(約8時間程度の見込み仕事)を行うことを前提に、1ヶ月の働く日数を掛け合わせた報酬を算出しました。

1ブロック(4時間程度の見込みの仕事)= 7,468円
1日の報酬(2ブロックの仕事を実施)= 14,936円
1ヶ月、10日間働いた場合の報酬 = 149,360円
1ヶ月、20日間働いた場合の報酬 = 298,720円
1ヶ月、30日間働いた場合の報酬 = 448,080円

↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(自転車)】応募ページはこちら

軽貨物ドライバーの配達員の場合

報酬を最大化させるため、1日に2ブロック(約10時間程度の見込み仕事)を行うことを前提に、1ヶ月の働く日数を掛け合わせた報酬を算出しました。

1ブロック(5時間程度の見込みの仕事)= 10,185円
1日の報酬(2ブロックの仕事を実施)= 20,370円
1ヶ月、10日間働いた場合の報酬 = 203,700円
1ヶ月、20日間働いた場合の報酬 = 407,400円
1ヶ月、30日間働いた場合の報酬 = 611,100円

↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(軽ドライバー)】応募ページはこちら


Amazon Flex(アマゾンフレックス)配達員は、働きたい日も、時間も自由に選べる利点を考えると、兼業や副業、スキマ時間に働きたい人にもちろんオススメですが、ガッツリ稼ぎたい人にとっても、十二分な報酬を得ることができるオススメの仕事となります。

Amazon Flex 配達員(配送ドライバー)の資格・条件は?

電動自転車の配達員の場合

まだ募集が始まったばかりのため、Amazon Flex(アマゾンフレックス)の公式ページには詳細な記載がないため、さまざまなバイト募集の求人メディアの情報を収集し、まとめると、以下が、電動自転車の配達員の資格・条件となります。

・20歳以上の方
・電動アシスト付自転車に乗れる方
・スマートフォンをお持ちの方
・日本での就労資格をお持ちの方
・1日の最低勤務時間:1ブロック(4時間見込みの仕事)

履歴書不要、面接もなし、週払い可、単発OK、学歴不問、大学生OK、主婦(夫)OK、シニアOK、未経験OK、副業WワークOK、髪型も服装もピアスもOK!など、高収入であることを踏まえると、Amazon Flex(アマゾンフレックス)配達員の仕事は、一般的なバイトと比べると利点がとても高い仕事となります。

軽貨物ドライバーの配達員の場合

Amazon Flex(アマゾンフレックス)の公式ページに詳細が記載されており、その情報をまとめると、以下となります。

・20歳以上の方
・普通⾃動⾞免許をお持ちの方
・スマートフォンをお持ちの方
・日本での就労資格をお持ちの方

条件としては、比較的簡単なものとなります。一方で、詳細は後述しますが、任意保険証券、黒ナンバーの軽貨物自動車(Amazonパートナー企業からレンタル・リース可)が登録には必要となり、比較的準備物のハードルが高くなりますが、流れにそって準備すれば、取得が可能です。電動自転車での配送に比べて、自動車の方が効率的に遠くまで配送ができるため、報酬も高くなっています。一方で、その分、準備には一手間必要となっています。

Amazon Flex 配達員(配送ドライバー)の仕事に必要な準備物は?

電動自転車の配達員の場合

配達作業に必要な、電動自転車とリヤカーは、当日荷物を集荷しに行く、Amazonの配送センターにて、レンタルが可能ですので、スマートフォンを持っていれば、それ以外の準備物は必要ありません。

<必要な準備物>
・スマートフォン

もし、電動自転車とリヤカーを自分で用意したいという方は、電動アシスト自転車に容量64立方センチメートル以上のリアカーを装着することで、自分のこだわりの道具で働くことも可能です。

軽貨物ドライバーの配達員の場合

配達作業に必要な、⿊ナンバー軽貨物⾃動⾞は自分で用意する必要があります。軽貨物⾃動⾞を今お持ちでない方は、購入、レンタル・リースなどの手段で準備することが可能です。

<必要な準備物>
・⿊ナンバー軽貨物⾃動⾞(Amazonパートナー企業よりレンタル・リース可)
・スマートフォン

事業⽤⿊ナンバーを取得するには、運輸⽀局に届け出を出す必要があります。管轄の運輸⽀局に電話することで、詳細情報を得ることが可能です。

↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(軽ドライバー)】応募ページはこちら

Amazon Flex 配達員(配送ドライバー)の登録方法は?

電動自転車の配達員の登録方法

登録方法はシンプルです。
以下、応募ボタンより、エリアを選択し、求人を選択してください。お名前・住所・メールアドレス・電話番号を記入の上、応募ください。
その後、メールにて、AmazonFlexの登録に必要な情報が、連絡されます。

↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(自転車)】応募ページはこちら

AmazonFlexから連絡された流れに沿って、必要な準備物の情報を登録すれば完了です。
<応募後の登録に必要な準備物>

・本人確認書類(パスポート・マイナンバーカード・免許証など)
・報酬の振込先の銀行口座
※外国人のみ:就労資格確認

<登録方法の流れまとめ>

①上記、応募ボタンより、応募フォームにて、必要情報を記入の上、応募。
②応募後、送信されてくるメールアドレスの指示に従い、Amazon Flex(アマゾンフレックス)配達員の本登録を実施。

軽貨物ドライバーの配達員の登録方法

登録はAmazon Flex(アマゾンフレックス)の公式ページからスマートフォンアプリをダウンロードすることで、可能です。軽貨物自動車を用いる場合は、複数の用意物が必要となります。
<アプリ登録に必要な準備物は以下となります>

・⾞検証(⿊ナンバーの軽貨物⾃動⾞)
・⾃賠責保険証
・任意保険証券(対物1億円以上、対⼈無制限)
・運転免許証
・貨物軽⾃動⾞運送事業経営届出書
※外国人のみ:就労資格確認

<登録方法の流れまとめ>

①Amazon Flex(アマゾンフレックス)の公式ページにてアプリをダウンロード
②アプリを起動の上、AmazonのID/PASSでログイン
③アプリの指示に従い、必要な情報の記入・書類をアップロード。
④説明動画を視聴
⑤書類確認(バックグラウンドチェック)
※バックグラウンドチェックは、通常1〜3営業⽇で結果が出ます。

↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(自転車)】応募ページはこちら


↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(軽ドライバー)】応募ページはこちら

Amazon Flex 配達員(配送ドライバー)の対応エリアは?

電動自転車の配達員の募集エリア

東京
東京都墨田区を中心とした23区エリア

軽貨物ドライバーの配達員の募集エリア

関東
東京都大田区
東京都江東区
東京都府中市
東京都町田市
神奈川県横浜市
神奈川県川崎市
埼玉県戸田市
千葉県船橋市
千葉県成田市
千葉県市原市
千葉県柏市

青森
青森県八戸市
青森県青森市

宮城
宮城県仙台市

岩手
岩手県盛岡市

秋田県
秋田県秋田市

高知県
高知県高知市

愛知
愛知県名古屋市
愛知県岡崎市
愛知県東海市
愛知県小牧市
愛知県みよし市
愛知県半田市
愛知県東海市

長野
長野県塩尻市

関西
大阪府大阪市
大阪府枚方市
大阪府堺市
兵庫県尼崎市

広島
広島県広島市

福岡
福岡県北九州市

静岡
静岡県浜松市
静岡県磐田市
静岡県焼津市
静岡県静岡市
静岡県清水区
静岡県富士市

まとめ

Amazon Flexの配達員の仕事について、その概要から仕事内容、登録方法、応募エリアなどの情報をまとめて掲載しました。いかがでしたでしょうか?電動自転車での配達員バイトは、まだエリアは限定されていますが、今後、グローバルでの二酸化炭素削減のニーズを考えると、全国に展開する可能性は高いと考えられます。
他のデリバリー配達員の仕事をされている方は、ぜひ仕事への登録を行ってみてはいかがでしょうか。

↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(自転車)】応募ページはこちら


↓↓↓amazonflex 積極募集中↓↓↓

>>【Amazon配達員(軽ドライバー)】応募ページはこちら