ウーバーイーツの配達員に登録する方法と注意点

ウーバーイーツの配達員に登録する方法と注意点

ウーバーイーツ(Uber Eats)に登録して配達員として働きたいと考えているのなら、まずはアカウント登録や必要書類提出の手順を知っておきましょう。登録手続きと並行して、バッグや車両の準備も必要です。

この記事では、これからウーバーイーツでバイトを始めようとしている人のために、配達員に登録する方法や、登録時に注意すべきこと、準備すべきことを解説します。

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

ウーバーイーツの配達員に登録する基本手順

ウーバーイーツの配達員に登録する基本手順

ウーバーイーツの配達員を始めるために、まずは「Uber Eats配達パートナー」に登録します。

登録をスムーズに進めるため、ここで手続きの流れを把握しておきましょう。また、必要書類の提出や、アカウント有効化のための交通クイズについても、あらかじめ知っておくとよいです。

  • アカウント登録

まずはアカウント登録です。ウーバーイーツ公式サイトの配達パートナー登録ページにアクセスして、フォームに名前やメールアドレス、パスワード、移動都市などの必要な個人情報を入力します。登録条件は18歳以上であることのみです。

他人から紹介されて始める場合、紹介コードも入れておきましょう。入力し終えたら「今すぐ登録する」というボタンを押します。

  • 登録車両の選択と必要書類の提出

次の画面で、配達に使用する車両を選択します。車両を決めたあと、車両に合わせて書類を提出。加えてプロフィール写真や、キャッシュカードの写真も提出します。

必要書類は、身分証明書として写真付きの運転免許証やマイナンバーカードを写した写真をアップロードします。身分証明書は原則1種類で十分ですが、バイクや軽自動車を使うときは運転免許証に加え、保険証書やナンバープレートなどの写真が必要です。

スムーズに登録を進められるように、必要書類は手元に一通り揃えておくとよいです。どのような書類が必要かは、次の章で解説します。

  • アカウントの有効化

ウーバーイーツのアカウントを有効化するには、交通クイズに答える必要があります。テストの内容は交通に関する一般常識です。全問正解しなくても有効化できますが、仕事中の安全に関わる大切な確認事項ですので、自信がなかった問題は復習しておくとよいでしょう。

交通クイズの最終チェックをクリアすれば、48時間以内にアカウントが有効化されます。配達員としてバイトを始めるにはアカウントの有効化が必須のため、交通クイズは必ず受ける必要があります。

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

登録に必要な書類

登録に必要な書類

ウーバーイーツへの登録には書類の提出が必要です。紙の書類を用意する必要はなく、スマートフォンなどのカメラで各種証明書やナンバープレートなどを撮影し、写真ファイルを送信(アップロード)するだけです。

登録した配達車両によって必要な書類が異なり、自転車の場合は身分証明書とプロフィール写真で十分ですが、バイクや軽自動車を使うなら、ほかに運転免許証や保険証なども用意する必要があります。

ここでは「自転車」「原付バイク」「軽自動車または125ccを超えるバイク」という3つのケースに分けて、それぞれの必要書類について解説します。

  • 自転車

自転車で配達予定なら、次の書類を用意しましょう。

  • 身分証明書(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • プロフィール写真

身分証明書は「本人確認書類」とも言われており、基本的に写真付きの書類を意味します。プロフィール写真は証明写真のように、正面を向いた状態で撮ってください。サングラスやマスク、帽子などがない状態ならOKです。

自転車は、必要書類が最も少なくて済む配達車両です。

  • 原付バイク

原付バイクを使う場合は、以下の書類を用意します。

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証
  • ナンバープレートの写真
  • プロフィール写真

身分証明書として認められるのは運転免許証のみです。ほかにもバイクの自賠責保険証や、ナンバープレートの写真画像も提出します。バイクが登録者のものと証明するためです。

  • 軽自動車および原付以外のバイク

軽自動車もしくは125ccを超えるバイクの場合、以下の書類が必要です。

  • 運転免許証
  • 車検証もしくは軽自動車届出済証
  • 自賠責保険証
  • 任意保険または自動車共済証書
  • ナンバープレートの写真
  • プロフィール写真

提出書類が最も多い車両です。車検証や任意保険の証明書まで用意する必要があります。書類の数が多いほど取りこぼしやすくなるため、公式サイトの記述も確認しながら、慎重に進めてください。

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

プロフィール写真をアップロードする際の注意点

プロフィール写真をアップロードする際の注意点

登録手続きでつまずきがちなのが、プロフィール写真の撮影とアップロードです。帽子などの余計なものを着けたまま撮影した写真や、加工された写真では、受理されないことがあります。また、一度承認を受けた写真は変更できない点も注意したいところです。

撮影は素顔で

プロフィール写真は必ず素顔で撮影します。撮影時の帽子やサングラス、マスクなどの着用は認められません。

ウーバーイーツ側からの印象がよくなるように、自然な笑顔がおすすめです。バイト先は履歴書やプロフィール写真の第一印象で信頼性を判断します。笑顔のない暗い表情だと、配達を任されにくい可能性も。プロフィール写真を撮るときは、素顔かつ自然な笑顔を心がけてください。

受理されない写真とは

素顔でも受け取ってもらえない写真があります。過去の写真や、免許証の顔写真のスクリーンショット画像です。これらは、現在の自分の顔を証明するためのものとしてふさわしくありません。

ウーバーイーツに登録するには、専用の写真を新しく撮ることになります。登録をスピーディーに進めたいからといって写真を使いまわしたりすると、かえって手続きの進行が遅くなることがあるので注意が必要です。

受理されない写真とは

写真の加工は避ける

プロフィール写真への加工はやめましょう。ウーバーイーツの配達時に顔認証が必要だからです。加工した写真だと、本人の顔だと認めてもらえず、配達に支障がでることがあります。

写真を加工する目的には「自分をよりよくみせたい」ことが挙げられますが、顔認証がうまくいかなければ仕事が請け負えず、結局意味がありません。

ただしトリミング(切り抜き)加工なら問題ないとされていますので、もっと顔に寄った写真にしたい、顔をセンターにもってきたいなどの場合には、スマートフォンに写真編集アプリをインストールし、トリミング加工するとよいでしょう。

承認後の写真は変更できない

プロフィール写真は一度承認されると変更できません。サポートに連絡しても変えられない仕組みです。

写真が承認されたあと、写りがよくないと気にする人がいるでしょう。しかしその場合も、同じ写真を使い続けることになります。あとで後悔しないためにも、ぜひベストな一枚を選んでください。

明るさだけで印象はかなり違うので、日中の窓際など、明るい時間や場所で、スマートフォン(カメラ)をしっかり固定した状態での撮影がおすすめです。

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

キャッシュカードの写真アップロードについて

キャッシュカードの写真アップロードについて

報酬をスムーズに受け取るために、ウーバーイーツへの登録時に、キャッシュカードの写真もアップロードしてしまいましょう。

写真を撮る角度や明るさなど、キャッシュカードの写真を撮影したりアップロードする際にもいくつかの注意点があります。正しく撮る・提出する方法を解説します。

キャッシュカードは必須ではないが提出をおすすめ

キャッシュカードの写真を提出しなくても配達業務自体はおこなえます。しかし、報酬は振り込まれないので、できるだけ早く報酬を受け取るために、ウーバーイーツ登録時に併せてアップロードすることをおすすめします。

キャッシュカードの写真を提出しなければ報酬が受け取れないというルールは、2021年5月より新たに導入されました。背景として、外国人労働者への規制を強める狙いが考えられます。オーバーステイのように不法滞在している人は、日本で銀行口座を作れないからです。

銀行口座の名義が登録者本人でないと報酬を受け取れませんので、必ず自身の名前が書かれたキャッシュカードで登録しましょう。

キャッシュカードは必須ではないが提出をおすすめ

撮影時の注意点

キャッシュカードにも撮影時の注意点があります。

まずは鮮明な写りです。名前や口座番号がはっきり見える形にします。また、カードの厚みがわかるように、少し斜めにした状態で、上から撮影します。

正面から撮るとカードの厚みが分からず、インターネットの画像や偽造品などと判別がつかないため、承認されない場合があります。

キャッシュカードが承認されない原因

キャッシュカードが承認されない原因は主に2つあります。

ひとつは、そもそも報酬の振込先として登録できない金融機関のキャッシュカードである場合です。ウーバーイーツは、ゆうちょ銀行、ネット銀行、信用金庫への報酬の振込はおこなっておらず、これらのキャッシュカードの写真をアップロードしても承認されません。

キャッシュカードの写り方がよくないことも非承認の原因となります。暗い場所や余計なものが写っているとNGとなることがあるため、明るい場所でカードがはっきりみえるように撮りましょう。

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

登録後は公式アプリをダウンロード

登録後は公式アプリをダウンロード

ウーバーイーツの配達員への登録後は、公式アプリ「Uber Driver」をスマートフォンにインストールします。

Uber Driverは配達員専用アプリであり、配達業務の受け付けや配達完了、売上の確認、アカウントの管理、サポートセンターへの問い合わせまで、機能全般を利用できます。

<アプリはiPhoneとAndroidの両方に対応しており、iPhoneならApp Storeから、AndroidスマートフォンならGoogle Playストアでダウンロードとインストールがおこなえます。

ウーバーイーツの登録以外に準備すること

ウーバーイーツの登録以外に準備すること

ウーバーイーツのバイトを始めるにあたり、登録以外にもさまざまな準備事項があります。例えば、料理を持ち運ぶための配達バッグは欠かせません。また、業務中にトラブルが起きたときに困らないよう、サポートについてもあらかじめ知っておく必要があります。

配達バッグを用意する

ウーバーイーツの登録と同時に、配達バッグも準備しましょう。ウーバーの公式バッグならAmazon.co.jpで買えます。それ以外でも保温機能があるバッグなら使用可能です。

配達バッグは以前、ウーバーイーツのパートナーセンターでレンタル可能でした。しかし、2020年以降はレンタルを停止しているため、自力での調達が必要です。

配達バッグは料理を届けるために必ず必要となるアイテムなので、バイト開始前に早めに手に入れたいところです。

配達車両(自転車やバイク)を用意する

配達に使う自転車やバイクなどの車両は、基本的には自前のものを使用しますが、持っていない場合は新たに調達する必要があります。

長期的に働くつもりなら買ってしまったほうが結果的にコストを抑えられますが、購入費用が捻出できない場合には車両をレンタルする方法もあります。

ウーバーイーツでは車両レンタルサービスをおこなっており、例えば自転車なら1か月あたり税込4,000円からレンタル可能です。

もちろん徒歩でも配達は可能ですが、配達先が遠い場所だと時間がかかり、料理が冷めてしまいますし、配達回数が稼げないため報酬も期待できません。最低限、自転車には乗れるようにしたいところです。

いつでもサポートが受けられるように準備する

配達業務に関するあらゆるサポートは、公式アプリ「Uber Driver」を通じて受けることができます。問い合わせ内容のカテゴリーを選択し、チャットで問い合わせる形です。

配達中のトラブルは、サポートセンターへ電話で問い合わせたほうがよいこともあります。問い合わせ先の電話番号は配達エリアによって異なるため、配達パートナーガイドを参照して電話番号を調べ、事前にスマートフォンの電話帳に登録しておくと安心です。

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

正しい手順でウーバーイーツの配達員登録を済ませましょう

正しい手順でウーバーイーツの配達員登録を済ませましょう

ウーバーイーツで配達員を始めるなら、何はともあれ登録を済ませましょう。あらかじめ注意点を頭に入れておき、正しい手順で手続きをおこなえば、それほど時間をかけずに登録を完了させ、配達のバイトを始められるはずです。

特に注意したいのは必要書類を提出する際の写真撮影とアップロードです。スマートフォンで簡単に撮影や提出ができるとはいえ、何度もやり直すのは面倒です。必要な書類をしっかり確認したうえで、手元に揃えてから撮影に望みましょう。その際、できるだけ写りがよくなるように、撮影場所や被写体の角度などにも気をつけてみてください。

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら