menuの配達員の特徴や報酬体系、登録方法まで詳しく解説

menuの配達員の特徴や報酬体系、登録方法まで詳しく解説

menuの配達員の特徴や報酬体系、登録方法を解説いたします。

フードデリバリーサービス業界ではUber Eats(ウーバーイーツ)と並び人気が高いのがmenu(メニュー)です。

先にサービス展開したのがUber Eatsだったため、menuについて詳しく知っている人はまだあまり多くいないでしょう。

フードデリバリーの配達に興味をもっている方や、これからやろうとお考えの方のために、menuの配達員の全容を網羅的に解説しているので、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

menuとは?

menuとは?

menuとは、お客様が指定する場所に料理を届ける「フードデリバリーサービス」のひとつです。Uber EatsやWolt(ウォルト)といったほかのフードデリバリーサービスと違い、日本生まれのサービスで、menu株式会社が運営しています。

もともとは、飲食店のメニューを持ち帰りたいときに予約ができるテイクアウトアプリとして運営されていましたが、2020年4月よりフードデリバリーサービスも開始し、現在は60,000店舗以上の加盟店がある勢いを増しているサービスです。

menuの料理配達は自社スタッフがやるのではなく、配達員として登録した人がおこないます。雇用形態としてはUber Eatsと同じくアルバイト契約ではなく、個人事業主として扱われます。そのため、自身で確定申告が必要になるなど面倒なところもありますが、その分、好きなときに好きなだけ働けて、服装や髪型の制約も一切ないため、自分の裁量で稼ぎたい方にはうってつけといえるでしょう。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

menuの配達員の特徴は?

menuの配達員の特徴は?

menuの配達員の特徴は以下の5つです。

  • 即時に報酬受け取りができる
  • キャッシュレス決済のみ
  • menu専用バックは購入しなくてもいい
  • 配達リクエストは早押しで決まる
  • クエストがない

Uber Eatsとは違った特徴も多いので、それぞれ具体的に見ていきましょう。

即時に報酬受け取りができる

Uber Eatsの報酬は週払いですが、menuは即日払いが可能です。出金申請をすれば、時間帯によっては1時間以内に稼いだお金を振り込んでもらえます。

ただし即時払いは月4回までは無料でおこなえますが、5回目からは1回につき400円がかかるため、注意が必要です。

また、出金額が20,000円未満の場合は手数料400円が発生するため、タイミングを見計らって出金するとよいでしょう。

キャッシュレス決済のみ

Uber Eatsでは現金精算もおこなっているため、お釣りのために硬貨やお札をある程度用意しておかなければなりませんが、menuはアプリ上で決済を完了させるので、お釣りを用意する必要がありません。

現金決済の場合、配達員がお釣りを持っていないと注文者との間でトラブルになるケースが起こりえますが、そのような心配がいらないのは配達するうえで安心でしょう。

また、自転車を使って作業する場合は多くの荷物を運べないため、現金を持ち歩く必要がない分、身軽に動けるというメリットもあります。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

menu専用バックは購入しなくてもいい

menuでは、保温機能があればどのバッグを使ってもいいルールになっているため、menuの配達員がUber Eatsのバッグで作業をしても何も問題はありません。

とはいえ、もともと保温バッグを持っていない方や、がっつり稼ぎたいのに小さいものしかもっていない方は、より適したバッグを購入する必要があるでしょう。menuは専用バッグを販売しているので、そのような方は購入を検討してください。

menu専用バックは購入しなくてもいい

配達リクエストは早押しで決まる

menuで仕事をするためには、通知が届いたタイミングでほかの配達員よりも配達リクエストのボタンの早押しに勝つ必要があります。

配達リクエストとはお客様が料理を注文したときに配達員に通知されるもので、飲食店の名前やお届け先住所、距離などが示されます。

Uber Eatsの場合、配達員の位置情報などを考慮し、最も適した配達員に通知が届くシステムになっていますが、menuでは、お客様から注文が入ると稼働中の一部の配達員へ一斉にリクエストが送信されます。

クエストがない

クエストとは、Uber Eatsにある機能で、提示された条件を達成すると追加報酬がもらえる仕組みのことですが、menuにはクエストがありません。

クエストは、配達員のモチベーション維持のためにあるインセンティブなので、クエストがないことは一見デメリットのように聞こえますが、menuとUber Eatsはもともと報酬体系が異なり、menuは別の部分で補填しているので問題ありません。

また、Uber Eatsのクエストが発生するタイミングは、雨の日や深夜、週末などがありますが、menuの場合、これらの状況で発生するものはブーストと呼ばれており、そもそもの名称も異なります。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

menuの配達可能エリア

menuの配達可能エリア

menuの配達可能エリアは公式サイトで確認できます。

配達エリアは全国におよびますが、市区町村単位で見ると対象範囲外の場所もあります。傾向としては人口が多い代表的な都市でサービス展開していることが多いです。

現在はサービス非対象のエリアでも、近いうちに対象になるエリアもあり、エリアマップで確認できます。対象エリアは赤色の六角形、予定エリアは白抜きの六角形で表示されています。

予定エリアの開始時期はそれぞれ異なり、公開日が決まったらお知らせするとのことなので、いち早く知りたい場合にはPR TIMESなどのPRサイトでmenuのプレスリリースをチェックしておくとよいでしょう。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

menu配達員は稼げるの?報酬の仕組みについて

menu配達員は稼げるの?報酬の仕組みについて

menuの配達報酬は、基本報酬からサービス手数料を差し引き、そこにインセンティブを加えた金額です。

配達報酬 = 基本報酬 - サービス手数料 + インセンティブ

menuは走行距離が長くなればなるほど稼ぎやすさがアップする仕組みになっているのが特徴です。Uber Eatsの報酬体系が大きく見直された現在、menuの方が稼げるとして、登録する人が増えています。

基本報酬

報酬のベースとなるのが「基本報酬」であり、「固定報酬」に「距離報酬」を足して求めます。

基本報酬 = 固定報酬 + 距離報酬

固定報酬というのは配達回数に対する報酬であり、1回配達あたり260円と定められています。

固定報酬 = 260円

距離報酬は配達距離に対する報酬であり、料理を取りに行く際の走行距離と、届けに行く際の走行距離を掛け算し、そこにさらに20をかけて求めます。

距離報酬 = 距離(km) × 距離(km) × 20円

例えば、受注場所から店舗までの距離が2km、店舗から配達先までの距離が4kmだった場合、260円 + 2km × 4km × 20円で、基本報酬は420円となります。

Uber Eatsの場合、料理を届けに行く際の走行距離しか計算されませんが、menuではお店に料理を取りに行く際の走行距離も報酬に影響を与えるのが特徴です。

また、距離報酬は料理を取りに行く距離と届けに行く距離を掛け算するので、合計の配達距離が長いほうが距離あたりの報酬が高くなります。つまり、menuでは短い距離の配達をおこなうよりも、長距離の配達をおこなったほうが効率よく稼げるということです。

なお、距離は配達員が実際に走った距離ではなく、menuのシステムが算出した経路距離が反映されるため、わざと遠回りして実際の走行距離を長くしても意味はありません。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

サービス手数料

サービス手数料とは、配達システムの利用料としてmenuが配達員から徴収する料金です。基本報酬の10%にあたる金額が配達報酬から差し引かれます。

サービス手数料 = 基本報酬 × 10%

サービス手数料10%がかかる対象は基本報酬のみであり、以下で解説するインセンティブにはかかりません。

なお、2021年10月現在、キャンペーンにつきサービス手数料は無料となっています。

サービス手数料

インセンティブ

インセンティブとは追加報酬のことです。menuにもUber Eatsと同じようにインセンティブがあり、うまくインセンティブを獲得することで高額報酬が可能になります。

インセンティブの項目は以下3つです。

  • レベルアップボーナス
  • ランクボーナス
  • ブースト

レベルアップボーナス

レベルアップボーナスは、レベルが上がるとその都度もらえるインセンティブです。

menuの配達にはレベルという概念があり、配達するごとに付与される経験値を貯めることで最大レベル99まで上がります。

レベルアップボーナスにより最大で10,000円もらえるため、ゲームのような感覚で配達でき、モチベーションアップにもつながります。

ランクボーナス

ランクボーナスは、基本報酬が1.2倍や1.5倍のように増額されるシステムです。

C1~S5まで20の等級が用意されており、貯めた経験値により等級が決定。ランクごとに設定されている倍率が基本報酬にかかることで、報酬が底上げされます。

ランクも経験値をためるごとにアップしていくという点ではレベルと同じですが、等級が上がるごとに単発でもらえるレベルアップボーナスと違い、ランクアップボーナスは基本報酬にかかる倍率として計算されます。そのため、ランクが上がり、倍率が増えれば、一回の配達でより多くの報酬がもらえることになります。

例えばA2ランクの場合1.24の倍率がかかるので、現在地から店舗までの距離が3km、店舗から目的地までの距離が6kmの配達をした場合、(260円 + 3km × 6km × 20円) × 1.24で、768円の基本報酬が得られます。

ランクアップボーナスは最小で1.2倍、最大で2倍に増えるため、ぜひ最高ランクのS5まで目指したいところです。

なお、ランクは8週間ごとにどのぐらい経験値を貯めたかで見直され、毎週月曜日の時点で、ランクに応じた経験値が貯まっていないと、1段階ずつ落ちていきます。

ランクボーナス

ブースト

ブーストとは雨の日や週末、深夜など配達員の人数が少なくなる時間帯に、事前の予告なく突如として発生するもので、ブースト中に配達をすると基本報酬にプラスしてボーナスがもらえます。

Uber Eatsの場合、ブーストは基本報酬にかかる倍率として算出されますが、menuの場合は最低でも200円、最高で400円を追加でもらえる仕組みです。

ブーストが発生したときはアプリやメールなどに通知が来るため、フードデリバリーの配達員としてしっかり稼ぎたいという方は、常にチェックしておくとよいでしょう。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

その他報酬制度

menuには最近始まった新しい報酬制度があり、インセンティブに加え、以下の報酬が加算される場合があります。

  • コンボ注文
  • ロングエリア注文

コンボ注文

2店舗の距離が200m以内だった場合、注文者が2店舗同時に注文することをコンボ注文といいます。

コンボ注文があった場合、配達員は通常の報酬にプラスして、追加で150円の特別報酬を受け取れますし、注文者も配送料が安くなるため、双方にメリットがある仕組みです。

ロングエリア注文

ロングエリアとは、配達の移動距離が長くなるエリアのことで、新しくサービスが開始されたエリアや、配達員が少ないエリアなどがロングエリアに指定されることが多いようです。

ロングエリアでは、移動距離が長くなるため基本報酬がアップするうえに、ブーストも発生しやすいため、少ない手間と時間で多くの報酬がもらえます。

ただし、店舗での商品受け取り時間に制限があり、時間内に間に合うように受け取りに行く必要があるため注意が必要です。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

menu配達員の登録方法

menu配達員の登録方法

menuの配達員の登録方法について解説します。

登録の流れは以下のとおりです。

  • 登録サイトでメールアドレスを入力する
  • 仮登録完了メールを受ける
  • 届いたリンクをクリックして必要事項を記載
  • 審査待ち
  • menuの配達アプリにログイン

前提として18歳未満の方は登録できません。また現在、menu配達員の応募が殺到している状況により、応募後登録まで2~3週間かかります。

登録サイトでメールアドレスを入力する
menu配達員の登録サイトにアクセスし、ご自身のメールアドレスを入力。「配達員に応募する」ボタンをクリックします。
仮登録完了メールを受ける
応募ページにて入力したメールアドレス宛に、応募番号や申し込みページのURLが届きます。応募番号はあとで入力する必要があるため、メモしておきましょう。
届いたリンクをクリックして必要事項を記載
届いたリンクをクリックすると、お客様情報を入力するページに移ります。名前や電話番号、給与振り込みの口座情報、証明写真、応募番号、招待コードなどを順に記載していきましょう。招待コードとは、menuが実施している「友達招待キャンペーン」を適用するのに必要な文字列です。友達招待キャンペーンの詳細については後述します。
審査待ち
お客様情報の入力が完了すると、審査の段階に入ります。審査にかかる時間は1週間~3週間ほどとまちまちで、すぐに合否が判断されるわけではないので気長に待ちましょう。審査といっても、年齢に達していなかったり、身分証明書に不備があるなどということがない限りほぼ通過するので安心してください。
menuの配達アプリにログイン
審査通過のメールが届くのと同じタイミングで、SMSの方にもアプリログイン用のパスワードが届きます。「menu crew」というmenuの配達専用アプリをインストールし、パスワードを入力しましょう。無事にログインができれば配達作業を開始できます。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

友達招待キャンペーンとは?

友達招待キャンペーンとは?

友達招待キャンペーンとはその名のとおり、友達を配達員に招待することで、招待した人・された人の双方にお金がプレゼントされるキャンペーンです。

金額は最大で合計20,000円、一人あたり最大10,000円ずつが付与されます。

招待される人は、配達員の登録が完了する前に、すでに配達員の登録をされている人から招待コードを受け取り、先述したお客様情報登録フォームに入力する必要があります。

入力せずにそのまま登録を完了してしまうとキャンペーンを受けられなくなるため、気をつけましょう。

なお、友達招待キャンペーンは登録が済んだ時点でお金がもらえるわけではありません。お金を受け取るためにはキャンペーンの対象期間中に、各都道府県によって決められている配達回数をクリアする必要があります。

また、付与される金額は各都道府県によって異なっており、対象エリアも限られているので注意が必要です。

友達招待キャンペーンの対象エリア

2021年12月現在、以下の都道府県が友達招待キャンペーンの対象エリアとなっています。

  • 北海
  • 宮城
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 大阪
  • 京都
  • 広島
  • 沖縄

中部地方・九州地方・四国地方は現在、友達招待キャンペーンをおこなっていません。

都道府県ごとの配達回数と、付与される金額

各都道府県の必要配達回数(条件)と達成報酬は下表のとおりです。

都道府県条件達成報酬
北海道50回10,000円
宮城30回10,000円
東京100回2,500円
神奈川100回5,000円
埼玉70回5,000円
大阪100回2,500円
京都40回5,000円
広島30回5,000円
沖縄30回10,000円

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから

今すぐmenuに登録して効率よく稼ごう

今すぐmenuに登録して効率よく稼ごう

menuの特徴から報酬体系、登録方法まで解説してきました。

menuとUber Eatsのどちらが稼ぎやすいかを一概に判断することは難しいですが、基本報酬だけで比較すると、menuの方が報酬が高いことが多く、キャッシュレス決済オンリーで釣り銭を用意する必要がないという点からも、仕事がしやすいのはmenuでしょう。

また、menuは移動距離が長くなればなるほど稼ぎやすくなるので、バイクをお持ちの方や、自転車を漕ぐことが好きな方、運動したい方は、menuが向いているかもしれません。

フードデリバリーに興味がある方や、どの会社の配達員が一番おすすめなのか迷っている方は、一度menuを試してみてはいかがでしょうか。

UberEatsや出前館、menu、Wolt、DiDifoodや
ピザーラ、ピザハット、銀の皿、ケンタッキー、マクドナルドなど
全国25000件以上の求人を検索!
デリバリー配達員の求人検索なら「デリバリーバイトNAVI」