ウーバーイーツの配達に必要な持ち物は?仕事が捗る便利なアイテムも紹介

ウーバーイーツの配達に必要な持ち物は?仕事が捗る便利なアイテムも紹介

ウーバーイーツの配達員として働くうえで必要な持ち物や、あったら便利な持ち物をご紹介します。

これからウーバーイーツに登録して配達をしようと考えている方や、とりあえず登録はしたけど何があれば配達できるのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

同じように配達をしても装備が揃っているか揃っていないかで稼げる金額が変わってきますので、記事を参考に自分に必要なアイテムをチェックしてください。

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

ウーバーイーツの配達に必須の持ち物

ウーバーイーツの配達に必須の持ち物

まず、これがないとウーバーイーツの仕事ができないという、配達業務に必須の持ち物3点をご紹介します。

配達車両は自転車が基本ですが、自転車にもいわゆるママチャリから電動アシストが付いたものまでさまざまです。また、配達バッグもウーバーイーツ純正品を必ずしも買う必要はなく、ほかにどのような選択肢があるかここで確認しておくとよいでしょう。

配達車両

ウーバーイーツの配達に登録できる車両は以下のとおりです。

  • 自転車
  • 原付バイク(125cc以下のもの)
  • 125cc以上のバイク(緑色のナンバープレートのついた事業車両のみ)
  • 軽自動車(黒色のナンバープレートのついた事業車両のみ)

自転車での配達が基本ですが、坂道が多いなど自転車での配達が厳しいエリアで稼働する場合にはバイクや軽自動車での配達も視野にいれます。登録していない車両で配達をおこなうとアカウント停止になることがあるので注意が必要です。(例:自転車を登録しているのにバイクで配達をする)

自転車の購入を考えている方は、いわゆる「ママチャリ」ではなく電動アシスト自転車かクロスバイクも検討してください。ウーバーイーツの配達では、長時間自転車を漕ぎ、急な坂を上り下りする機会も多いです。快適に配達業務をおこなうには、疲れにくく長時間の配達がしやすい自転車への投資はかかせません。

配達車両を所有していない場合は、レンタサイクルやシェアサイクルを利用する手があります。シェアサイクルは、好きな場所で借りられて好きな場所で返却ができ、利用料金が安いのがメリットです。東京23区ではドコモバイクシェアやHELLO CYCLING(ダイチャリ)などのシェアサイクルがありますので、自身の住んでいるエリアの近くにあるか確認してみてください。ウーバーイーツも車両のレンタルサービスをおこなっています。

配達車両

配達用保温保冷バック

配達バッグはウーバーイーツの公式サイトで純正品が購入できます。色はブラック(黒)とグリーン(緑)の2色。価格は税込み・送料無料で4,000円。購入から1~2営業日で届きます。

以前はAmazon.co.jpで販売されているものを購入する形でしたが、2021年12月にAmazonでの販売が終了。それと同時にウーバーイーツ公式サイトでの販売が開始されました。

ウーバーイーツのロゴが入ったものでないといけないルールはありません。保温保冷効果のある配達バッグであればどの配達バックでも配達業務をおこなえます。購入する際は以下の点に気をつけましょう。

  • 保温保冷効果があるか
  • 防水加工があるか
  • ダブルピックや大量注文に対応できる容量か
  • 価格が類似商品に比べて高すぎないか

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館公式】配達スタッフ応募ページはこちら

スマートフォン

ウーバーイーツ配達員として働くには、ウーバーイーツ配達パートナー専用アプリにて注文を受け取る必要があるので、スマートフォンが必須です。

熟練の配達員のなかには、普段遣いのスマートフォンとは別に、配達のためだけに使うスマートフォンを用意している人もいます。

配達時間が長いと、スマートフォンを落として壊したり、雨で水没させたりして故障してしまうこともあるでしょう。プライベート用のスマートフォンが壊れてしまうと修理や買い替えなどで慌てることになります。また配達専用スマートフォンは100%経費にできるので、本格的に配達員として稼ごうと思っている方は購入を検討してもよいでしょう。

購入する際は、防水性がありバッテリー容量の大きいものがおすすめです。高性能なカメラやディスプレイが搭載されている高級モデルは不要です。とはいえ、あまりにも安価なものだと動作が重かったり不安定になったりして配達に支障をきたすことがあるので、中くらいのスペックのモデルが適当といえます。

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

絶対にあった方がよい物

絶対にあった方がよい物

配達車両、配達用保温保冷バック、スマートフォンがあればウーバーイーツ配達員としてとりあえず稼働できますが、せっかく同じ時間働くのであればなるべくストレスなく快適に働け、たくさん稼げる方がよいでしょう。

ここからは実際に専業配達員に聞いた配達が捗るアイテムをご紹介します。装備を揃えて効率的に稼ぎましょう。

動きやすい服
服装はできる限り動きやすい服装がよいでしょう。配達の仕事はとにかくたくさん動きます。長時間自転車を漕ぐだけでなく、階段の上り下りや店を探して複合施設を歩き回る機会も多いです。ウィンドブレーカーやアンダーアーマーなどスポーティな恰好の配達員を多く見かけます。
スマートフォンホルダー
配達はよほど地理に詳しい人でなければ、スマートフォンで地図のナビゲーション機能を見ながら目的地に向かいます。自転車やバイクに取り付けてカーナビのように使えるスマホホルダーは、取り付けると両手が空くため安全に運転ができ便利です。防水タイプのスマホホルダーであれば雨の日にも対応できます。
スマートフォンホルダー
モバイルバッテリーとケーブル
バッテリーが切れると配達ができなくなってしまうため、モバイルバッテリーを持っているといざというとき安心です。ポケットなどに入る大きさと重さで、かつ大容量のモバイルバッテリーと、取り回しがよい長めのケーブルを準備しましょう。配達中は常にGPS通信をおこなっているためスマートフォンのバッテリーの減りが通常より早く、最新のものでも4時間程度で切れてしまいます。
レインスーツ
雨の日の稼働には、雨がストレスにならない上下別れているタイプのレインスーツが欠かせません。高すぎるものを買う必要はありませんが、予算として10,000円程度を考えましょう。ワークマンのレインスーツが安いわりに優秀なのでおすすめです。雨の日は通常よりも注文が多く入るので、配達員にとっては稼ぎ時です。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館公式】配達スタッフ応募ページはこちら

緩衝材
自転車やバイクの揺れで商品が倒れると悪い評価やクレームに繋がることがあるので、きっちりと商品を固定でき、温度が保てる緩衝材があると重宝します。汚れたら水洗いできる便利で軽いサバイバルシートを使用している配達員が多いです。
緩衝材
自転車用ライト・反射材用品
夜に配達をする方はライトと反射材は必ず購入しておきましょう。ライトが無いと街灯のない暗い夜道が危ないので、明るいライトを取り付けておくと安心です。マウンテンバイクなどには最初からライトがついていないので無灯火走行で警察に止められることのないように準備しておく必要があります。
現金対応用のポーチ・コインケース(現金対応する方のみ)
ウーバーイーツは現金払いの対応非対応を選べますが、現金支払いを受ける場合は、お釣りの用意を忘れずにしましょう。現金対応用にコインケースやお札などをウエストポーチなどのバックやポーチに入れておくと配達先の玄関前でもたつかずに済みます。

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

あれば仕事が捗る便利な持ち物

あれば仕事が捗る便利な持ち物

最後に、あれば仕事が捗る便利アイテムを紹介します。

配達中は小さなストレスの積み重ねにより、疲労感で仕事が捗らない原因になります。基本的に配達業務は一人でおこなうためモチベーションを保ち続けなければなりません。個人事業主だからこそ「仕事が嫌になって目標金額を稼げなかった」とならないよう配達がしやすい工夫することが重要です。

ヘルメット
バイクで配達する場合は必須ですが、自転車配達の場合もヘルメットを着用するのが無難です。交通事故での死亡原因で最も多いのが頭部への衝撃と言われており、ヘルメットを装着することで致死率が減ります。交通ルールを守ることもそうですが、自分の命を守るために安全性を高めることが大切です。配達時の交通事故はときどきニュースになりますし、実際に配達業務中に亡くなった方もいます。
チェーンロック
配達業務中に店舗前や配達先の住宅前などで自転車を降りて、ピックアップまたはドロップに向かいます。この時自転車をすぐ戻るからと、そのままにしている配達員もいますが、盗難を防ぐためにチェーンロックをした方がよいでしょう。
目的地がなかなか見つからず迷っているうちに時間が経つことや、料理が出来上がっておらずピックアップまで店の前で待機することもあります。自転車が盗まれないかひやひやする状況にならないようチェーンロックをかけておくと安心です。
チェーンロック
イヤホン
配達依頼の通知音やマップアプリの音声ナビを聞きやすいように、イヤホンをするのがおすすめです。配達中にスマートフォンから大きな音で「300メートル先を右です」とナビゲーションが響いたら恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。とはいえ、周りの音が聞こえないのは危険なので周囲の音が聞こえやすい骨伝導タイプを選びましょう。
県によっては自転車やバイクでのイヤホン使用を交通ルールで禁止としているところもあります(島根県など)。イヤホンを使用する際は「安全な運転に必要な交通に関する音または声が聞こえないような状態」にならないよう音量には十分気を付けてください。
飲み物
夏は気温が高く自転車を漕ぐことで大量の汗が出るので飲み物が必須です。しかし夏だけでなく冬も脱水を起こすことをご存じですか?冬は夏に比べるとのどの渇きを感じにくいですが、湿度が低く乾燥するため水分補給が疎かにされがちで、自覚のないまま脱水状態に陥ることがあります。季節に関係なく、水分補給をするための飲み物は必ず持ち歩きましょう。
飲み物
日焼け止め・サングラス・タオル(春~夏)
紫外線の強い時期は日差し対策の日焼け止めやサングラスが欠かせません。気が付けば顔面が真っ黒になっていた、という方も実際います。注文者へ配達の際に不快感を与えないよう汗をぬぐうタオル等も準備しておくとよいでしょう。
手袋(冬)
冬は特に手がかじかんで運転に支障が出ることがあるので手袋が欠かせません。手袋をした状態で、スマートフォンが操作できるものが便利で使い勝手がよいです。ほかにも、防寒対策としてカイロやネックウォーマー、ウィンドブレーカーなどを使用している配達員が多いので参考にして冬の配達をおこなってください。

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

稼ぎたいなら持ち物をしっかり揃えたい

稼ぎたいなら持ち物をしっかり揃えたい

ウーバーイーツの配達員として働くうえで必要な持ち物や、絶対にあった方がよいもの、あると便利なものを紹介しました。

季節や状況により必要なものは変わりますが「配達に必須のもの」はウーバーイーツの配達として稼働するためのマストアイテムのため、よく吟味し、価格も含め最適なものを入手したいところです。

同じ時間働くのでも持ち物が揃っているのと揃っていないのでは身体と気持ちの疲れ方が違うので、しっかり稼ぐためにはきちんと装備を揃えることが大切です。配達する中で「これはあった方がよい」「今は必要ない」と分かってきます。快適に仕事をするうえで初期投資はある程度必要ですので、今回紹介したアイテムをぜひ参考にしていただき、必要に応じて揃えていってください。

関連:ウーバーイーツのクエストを活用して稼ぐ
関連:ウーバーイーツの仕組みやメリットデメリット

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

UberEatsや出前館、menu、Wolt、DiDifoodや
ピザーラ、ピザハット、銀の皿、ケンタッキー、マクドナルドなど
全国25000件以上の求人を検索!
デリバリー配達員の求人検索なら「デリバリーバイトNAVI」