【東京】ウーバーイーツで稼げるエリアを確認│特徴を理解して報酬アップ

【東京】ウーバーイーツで稼げるエリアを確認│特徴を理解して報酬アップ

東京でのウーバーイーツの稼げるエリアを厳選してご紹介しています。

サービスエリアが広く、飲食店の多い東京はウーバーイーツ配達員として稼ぎやすいのが魅力です。日給10,000円(税込)を稼ぐのはもちろん、配達件数を増やせばそれ以上の報酬を稼ぐこともできるでしょう。一方で、たとえ東京であっても配達エリアによって獲得できる報酬には差があるようです。

エリアごとの特徴や報酬アップのコツなども解説しているので、配達員として伸び悩みを感じているなら是非ご確認いただければと思います。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

東京のウーバーイーツのサービスエリアと営業時間

東京のウーバーイーツのサービスエリアと営業時間

東京都は日本国内でウーバーイーツが最初にサービスを開始した都道府県です。全国47都道府県の中でも、東京のサービスエリアの広さと加盟店数はトップクラスとなっています。2016年9月のサービス開始時は東京の中でも、下記の一部地域でしかウーバーイーツを利用できませんでした。

渋谷、恵比寿、青山、赤坂、六本木、麻布

加盟する飲食店も150店舗と少なかったものの、利用者に魅力的なサービスを提供することで急速にサービスエリアを拡大して来たのです。東京のサービスエリア・加盟店は拡大の一途を辿り、2023年2月時点では23区を中心として広大なサービスエリアが確保されています。

東京はほぼ全域でウーバーイーツを利用可能

飲食店が集中する東京23区はほぼ全域がウーバーイーツのサービスエリアとなっています。お台場などの臨海都心エリアなど、以前は利用できなかった場所もサービスエリアに含まれています。なお東京23区以外でウーバーイーツの利用可能となっているのは下記の市区町村です。

あきる野市、三鷹市、八王子市、和光市、国分寺市、国立市、多摩市、小平市、小金井市、川崎市、府中市、新座市、日の出町、日野市、昭島市、東久留米市、東京、東大和市、東村山市、横浜、武蔵村山市、武蔵野市、清瀬、狛江市、瑞穂町、町田市、相模原市、稲城市、立川市、羽村市、草加市、西東京市、調布市、青梅市

実際に居住地区でウーバーイーツが利用できるかは、Webや注文者アプリで住所を入力することで調べることができます。

営業時間はエリアごとに異なるが他地域より長め

ウーバーイーツの営業時間は都道府県によって異なります。サービスエリアの広い東京は特に営業時間が長く、2022年2月15日より神奈川県とともに7:00~26:00に変更されました。この営業時間は東京都のすべてのエリアが対象となっています。早朝はもちろん、深夜まで配達員として稼働できるため他の都道府県と比較して稼ぎやすいのが魅力です。

ただし、ウーバーイーツとは別に店舗独自の営業時間が設定されている点には注意が必要です。10:00~20:00など営業時間が限定される店舗も多いため、時間帯によっては注文数が減少してしまう可能性もあるでしょう。早朝や深夜帯での稼働を考えている場合は、マクドナルドなどのチェーン店を狙って稼働するのがおすすめです。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

東京は特に飲食店が密集しているエリアで稼ぎやすい

東京は特に飲食店が密集しているエリアで稼ぎやすい

東京は23区を中心として特に飲食店が密集しているエリアが多いのが特徴です。例えば23区内で特に飲食店が多いエリアは下記となります。

  • 港区
  • 新宿区
  • 中央区
  • 千代田区
  • 渋谷区

基本的にウーバーイーツの加盟店は飲食店の数に比例して増加する傾向があります。飲食店の多いエリアで配達をおこなった方が、報酬を稼ぐ上では有利となるでしょう。ここでは東京23区内に焦点を当て、東京で特に稼ぎやすいエリアを確認してみましょう。

【渋谷区】渋谷を中心に若者向けの店舗から安定して注文が入る

若者が集まる渋谷区では、繁華街を中心としてさまざまな店舗が立ち並んでいます。若者向けの飲食店も多く、23区内では特に報酬を稼ぎやすいエリアだといえます。周辺には一人暮らしの学生や若者が居住しており、マクドナルドなどのファーストフード店も多くあります。坂道が多い地形のため、手軽に自宅で料理を食べたいという利用者から安定して注文を受けることができるでしょう。

また、渋谷周辺には麻布や恵比寿など飲食店が密集するエリアが隣接しているのも特徴的です。配達員が多い場合でも、安定して報酬を稼ぐことができるでしょう。ただし坂道が多く長時間の配達では体力を使うため、渋谷を拠点とする場合は配達車両をバイクとするのがおすすめです。

【豊島区】池袋エリアならファーストフード店からの注文が見込める

豊島区の中でも、池袋周辺のエリアはウーバーイーツの報酬が稼ぎやすいエリアだといえます。池袋はアクセスがよいエリアであることが知られていますが、新宿と渋谷に並ぶ3大副都心としてさまざまな飲食店が立ち並んでいます。繁華街の人混みを避けたいという利用者を中心として、安定した注文を受けることができるでしょう。

オフィスや住宅街が多いため、時間帯に関わらず安定した注文を受けることが可能です。特にランチタイムやディナータイムは平日であっても一定の注文数が見込めますし、配達員の需要が高まればピーク料金が適用されることもあります。ただし、人混みや交通量が多いため、配達効率を考えながら注文を受ける必要があるでしょう。配達距離が長くなりやすいので、自転車を利用するのがおすすめだといえます。

【千代田区】秋葉原エリアは飲食店が多く稼ぎやすい穴場エリア

家電量販店やショッピング施設が立ち並ぶ秋葉原エリアは、ウーバーイーツで安定して報酬を稼げる穴場エリアです。他エリアと比較すると個人営業の飲食店は目立ちませんが、マクドナルドやスターバックスなどのチェーン店が多くあります。チェーン店周辺で待機すれば、若年層の利用者を中心として安定した注文を受けることができます。

ランチタイムやディナータイムであれば平日でも注文が途切れにくく、ピーク料金も適用されやすいエリアとなっています。また、周辺には上野など飲食店の多いエリアもあるため、稼ぎにくい場合は移動しやすいのもメリットです。坂道や斜面は少ないものの、人混みが多いため自転車での配達がおすすめだといえます。

【台東区】上野のアメ横商店街を中心に人気飲食店が立ち並ぶ

横商店街を中心に人気飲食店が立ち並ぶ上野は、東京23区内でも稼ぎやすいエリアだといえます。動物園や博物館のある観光地となっているため、観光客を中心として人が多く集まるエリアとなっています。観光客をメインターゲットとした飲食店はもちろん、マクドナルドなどのチェーン店も多く安定した注文を受けることができます。特定の飲食店を狙ってリクエストを獲得するのは難しいのですが、加盟店は多いため時間帯を問わず稼ぎやすいでしょう。

11:00~14:00のランチタイムはピーク料金が加算されることが多く、土日・祝日などはさらに報酬額が上がります。ただし、注文よっては東京方面などの飛ばされる可能性もありますし、配達先が高層ビルとなると完了までに時間もかかってしまいます。効率よく稼ぐためにはショートドロップを中心に配達リクエストを受けるのがおすすめです。

【新宿区】ランチタイム・ディナータイムともに需要が高く稼ぎやすい

新宿区はウーバーイーツの加盟店が多く、ランチタイム・ディナータイムともに安定して報酬を稼ぐことができます。ライバルの配達員も多くなりますが、新宿駅など、駅周辺を拠点として配達することでリクエストが途切れる可能性は少なくなります。なお時間を問わずピーク料金が加算される可能性がありますが、ランチタイム・ディナータイムで注文の傾向は異なります。

例えばランチタイムはオフィス街、ディナータイムは繁華街を中心として活動すれば安定して注文リクエストを受けられるでしょう。ただし駅周辺は高層ビルも多いため、配達にはある程度慣れが必要となります。また、夕方以降は治安悪い地域もあり稼働には注意が必要です。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

東京のエリアごとの特徴を理解すれば報酬アップに繋がる

東京のエリアごとの特徴を理解すれば報酬アップに繋がる

東京に限らず、ウーバーイーツではサービスエリアごとに異なった特徴があります。例えば坂道や斜面の多い地域では自転車ではなく、バイクなどの車両を利用することで報酬をアップさせることが可能です。

また、地形ではなく利用者の傾向に気を配ることでさらに稼げる可能性が高くなります。ウーバーイーツは年代、世代を問わず幅広いユーザーが利用しています。曜日や時間帯で注文が増えやすい店舗、エリアを確認しておくことは安定して配達リクエストを受けることに繋がるはずです。

平日はオフィス街などを中心として稼働するのがおすすめ

オフィス街などであれば、平日の方が土日・祝日よりも注文が多くなる可能性があります。例えば東京23区内で知名度の高いオフィス街は下記のようなエリアです。

  • 【千代田区】丸の内・大手町・内幸町
  • 【港区】虎ノ門・新橋・六本木
  • 【新宿区】新宿
  • 【渋谷区】渋谷・恵比寿

上記のようなエリアでは、会社内でウーバーイーツを注文する利用者も多く存在します。ランチタイムを狙って稼働すれば平日であっても安定して配達リクエストを受けることが可能です。また、利用者とともに飲食店の数も多いため、ピークタイムを中心としてピーク料金が加算される可能性が高くなります。もちろん配達員の数も多くなるので、待機場所の厳選などは必要となるでしょう。

土日・祝日は住宅街からの注文を見込んで待機場所を選択

土日・祝日であれば住宅街などを中心として稼働することで、配達リクエストの増加が見込めます。例えば渋谷区を中心としたエリアであれば、学生や一人暮らしの若者からの注文が多くなります。土日・祝日は配達員の需要が高まるため、時間帯を問わずピーク料金が加算される可能性も高くなるでしょう。

ただし、配達の効率を考えて飲食店と住宅街の距離などを確認しておくことが重要です。ウーバーイーツは飲食店に違い配達員ほど配達リクエストが受けやすいとされているため、待機場所には気を配っておきましょう。なお利用者の年齢によって注文が増えやすい店舗は異なります。学生や若年層が多い場合は、マクドナルドなど料理単価の低いチェーン店を狙って待機するのがおすすめです。

深夜早朝はファーストフード店が多いエリアで待機するのがベスト

深夜や早朝に稼働する場合は下記のようなファーストフード店・チェーン店が多いエリアで待機するようにしましょう。

  • マクドナルド
  • ロッテリヤ
  • バーガーキング
  • 吉野家
  • スターバックス

ファーストフード店・チェーン店は24時間営業の店舗も多いため、深夜や早朝であってもウーバーイーツからの注文を見込めます。また、マクドナルドの「朝マック」など、時間限定のメニューがある飲食店では朝から配達リクエストが増加しやすいのも特徴です。配達先までの距離に気を配って待機場所を選べば短時間の稼働でも稼げるのではないでしょうか。ただし、ファーストフード店・チェーン店であっても営業時間は店舗によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

東京エリアでのウーバーイーツ配達員の報酬例を確認

東京エリアでのウーバーイーツ配達員の報酬例を確認

サービスエリアが広く、飲食店の数も多い東京は23区を中心に稼ぎやすいエリアが多くあります。これからウーバーイーツ配達員に登録する方でも、東京エリアであれば早い段階で報酬をアップさせることができるはずです。ただし、実際の報酬額は配達員の実力によって大きく変わってきます。

1日に8,000円(税込)程度稼ぐ配達員もいれば、日給20,000円(税込)や30,000円(税込)を超える配達員もいるなど報酬額は十人十色です。東京23区の稼げるエリアを対象に、SNSでの配達員の報酬額を確認してみましょう。

稼げるエリアを見極めれば日給10,000円(税込)以上は難しくない

下記はTwitterで報酬を報告している東京の配達員の情報を掲載したものです。新宿区などを中心として、稼げるエリアでは10,000円(税込)以上の日給を稼ぐ配達員が多いようでした。

なお下記でご紹介している報酬には、クエストやブースト・ピーク料金といったプロモーションも含まれます。例えば(1)新宿区付近の配達員報酬14,250円(税込)のうち、2,437円(税込)がプロモーションとなっていました。

エリア日時配達時間
(オンライン)
配達件数報酬(税込)
(1)新宿区付近2023年2月21日9時間37分3014,250円
(2)新宿区周辺2023年2月12日12時間43分3520,266円
(3)台東区、文京区、千代田区2022年12月11日13時間30分
※ウーバーイーツ以外も含む
2816,983円
(4)中央区、秋葉原、上野など2022年7月16日9時間6分3213,463円

ブースト・ピーク料金を活用することが高額報酬への近道

東京エリアではプロモーションを上手く活用して高額な報酬を稼ぐ配達員が多いようです。東京エリアに限らず、ウーバーイーツの報酬を上げるためにはブーストやピーク料金の活用が必要となるのは間違いありません。

  • ブースト:基本料金を一定の倍率(1.1倍~1.4倍など)で倍増
  • ピーク料金:1件の配達ごとに加算(税込100円~400円程度)

ブーストとピーク料金はいずれも配達員の需要高まる時間帯やエリアで発生するとされています。例えば11:00~14:00のランチタイム、18:00~21:00のディナータイムはピークタイムと呼ばれ配達員の需要が高まりやすい時間帯です。また、東京エリアでは平日であってもピーク料金が加算されるエリアも多くあります。クエストも含めたプロモーションを積極的に狙っていくことで、安定した報酬を稼げるようになるはずです。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

東京エリアはライバルも多いので安定して稼ぐにはコツが必要

東京エリアはライバルも多いので安定して稼ぐにはコツが必要

東京エリアの稼げるエリア内で稼働していても、配達員によっては報酬が安定しないことがあるようです。実際にTwitterでは日給10,000円(税込)どころか、最低賃金を下回る配達員も見かけることができます。

東京エリアは稼ぎやすい一方でライバルの配達員も多いという特徴があります。稼げるエリアで待機すれば安定した報酬が手に入るというわけではありません。Twitterで情報発信をする配達員の稼働状況を参考に、安定して稼ぐコツを確認してみましょう。

エリアごとの特徴や稼ぎやすい曜日・時間帯を確認

既にご紹介した通り、曜日によって配達エリアの注文には差が出てきます。拠点とするエリアにオフィス街・住宅街どちらが多いか確認しておくことが重要です。また、個人店・チェーン店でも注文されやすい曜日などに違いが出てくるでしょう。さらに長期休暇など普段とは異なる状況では注文数に大きな差が生まれます。

例えばGWやお盆などの長期休暇では帰省する方が増加するため、エリアによっては普段より注文が減ってしまう可能性もあるでしょう。報酬を稼ぐためには、ウーバーイーツの利用者の動向などにも気を配る必要があるといえます。

稼ぎにくい時は配達エリアの変更・移動も検討する

稼げるエリア・時間帯を厳選しても配達リクエストが受けにくいこともあります。例えばウーバーイーツの利用者・注文数が少なく、配達員の数が多い場合などは配達リクエストが減少しやすいといえます。待機時間が長くなる時は配達エリアの変更や移動を検討するのもおすすめです。

曜日を問わず安定した報酬を稼ぐ配達員は稼働エリアが広く、複数の待機場所を持っています。移動距離が限られる自転車であっても、飲食店の密集している店舗を複数見つけることは可能です。可能であればバイクなどを利用して市区町村を跨いで活動するのもよいかもしれません。

他社フードデリバリーサービスとの掛け持ちもおすすめ

ウーバーイーツの配達に慣れてきたら、他社フードデリバリーサービスとの掛け持ちも検討してみてはいかがでしょう。例えば「出前館」などは掛け持ちをOKとしていますし、条件を満たせばウーバーイーツと併用して稼働することができます。

  • 出前館の基本条件:18歳以上、任意保険への加入が応募条件
  • 配達用バッグの指定なし(他社製品はロゴを隠せば利用可能)、服装自由、帽子着用任意(ハーフパンツとサンダル不可など、一部規定あり)

他社のフードデリバリーサービスも、ウーバーイーツと同じようにスマートフォンアプリを利用して配達を管理します。ウーバーイーツとは加盟店が異なることも多く、全体的な注文数の増加が見込めます。配達エリアによってフードデリバリーサービスを上手く使い分ければ報酬を安定させることができるはずです。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

東京の稼げるエリアを理解してウーバーイーツの報酬アップを目指す

東京の稼げるエリアを理解してウーバーイーツの報酬アップを目指す

東京では23区内を中心として飲食店が集中する傾向があるようです。ウーバーイーツの加盟店も多く、配達エリアを厳選すれば報酬を安定して稼ぐことができるでしょう。

一方で配達エリアによって注文数には差がありますし、ライバル配達員が多いなどのデメリットもあります。配達エリアを厳選した後は、時間帯や曜日ごと利用者の視点からウーバーイーツの傾向を掴んでおくとよいでしょう。配達エリアを広げるのも稼ぐコツではありますが、初心者のうちは拠点を1つに限定して稼働するのがおすすめです。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館公式】配達スタッフ応募ページはこちら


UberEatsや出前館、menu、Wolt、DiDifoodや
ピザーラ、ピザハット、銀の皿、ケンタッキー、マクドナルドなど
全国25000件以上の求人を検索!
デリバリー配達員の求人検索なら「デリバリーバイトNAVI」