単発・短期・時短で稼ぐ!「menuバイト」のメリット・デメリットまとめ

皆さんはmenu(メニュー)を利用されたことはありますか?

利用者が増える一方、配達員の需要も高まり、menuバイトにも注目が集まっております。

menuバイトは、時短で働け、高時給を目指すことができる、など、様々なメリットがあり、これからアルバイトを始めようと考えている方へ是非ともおすすめしたいデリバリーバイトです。

そこで、今回はmenuバイトはUber eatsや出前館、その他アルバイトに比べてどのようなメリット・デメリットがあるのかを解説します。

menuバイトとは一体何か…

menuは、今CMでも話題となっているフードデリバリーサービスで、東京23区を中心に沢山の方々が利用しております。menuにて注文された料理をお客様の元へ配達するスタッフのことを、通称「menuバイト」といいます。

menuバイトは、決められた時間に働く時給制のアルバイトとは違い、注文された料理を配達した件数に応じて報酬が支払われます。そのため、フリーターの方が他アルバイトとの掛け持ちしたり、平日働いている方は副業として休日に働くこともできたり、など、働き手の時間が拘束されない点が大きな特徴です。

配達すればするほど報酬が支払われるので、シフト管理をされて労働時間が限られてしまう方、ピンポイントで働く時間を探している方、などにもおすすめです。

menuバイトの主な配達エリア

新しいサービスのため現在は東京23区を中心にサービスを展開しており、主な配達エリアは以下となります。

渋谷、新宿、四ツ谷、水道橋、六本木、銀座、勝どき、目黒、中目黒、三軒茶屋、下北沢、初台、西新宿、高田馬場、上野、秋葉原、浅草、両国、押上、錦糸町、堀切、東向島、八広、亀戸、日本橋、神田、新豊洲、飯田橋、赤坂、浜松町、麻布十番、早稲田、恵比寿、表参道、田町、品川、戸越銀座、大井町、武蔵小山、目白、茗荷谷、池袋、巣鴨、要町、中野、方南町、高円寺、永福町、明大前、阿佐ヶ谷、荻窪、西永福、吉祥寺、武蔵関、上井草、三鷹、西荻窪、久我山、井の頭公園、高井戸、雑色、新川崎、糀谷、蒲田、大森、千鳥町、西馬込、大井町、旗の台、御嶽山、武蔵小杉、二子玉川、大岡山、田園調布、等々力、自由が丘、学芸大学、駒沢大学、用賀、祖師ヶ谷大蔵、上町、梅ヶ丘、下高井戸、千歳船橋、成城学園前、八幡山

その他にも、配達エリアは拡大し続けており、2020年6月17日には沼袋、練馬、江古田、駒込、西日暮里、南千住、町屋、北千住、平和台、千川、ときわ台、板橋、南千住、上中里が新しく追加されました。今後も更なる拡大が期待でき、全国各地へ広がっていくことが予想できます。

Uber eatsや出前館と比べると…

デリバリーバイトには、Uber Eatsや出前館なども挙げられますが、既に多数の配達員がいることから、仕事を取り合うことになります。その点、menuバイトは新サービスであることから、これから配達員の数が増えていくことが予想されます。デリバリーバイト始めるのであれば、今すぐmenuバイトを始めることをおすすめします!

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトを始めたくなる6つのメリット

ここでは、menuバイトならではのメリットをいくつかご紹介します。

好きな時間に働ける

ほとんどのアルバイトはシフト制のため、シフトが入っている時間帯は拘束されてしまいます。急に友人に遊びに誘われたりした場合も、シフトが入っていたら断らなければいけません。また、30分だけ、1時間だけなど短い時間で働くことは難しいといえます。

例えば、飲食店であれば、最低でも3時間は確保する必要があるといえるでしょう。しかし、menuバイトならいつでも好きな時間に働くことができます。

大学の講義と講義の間や待ち合わせまでに時間が空いたときなど、ほんの少しの時間も有効活用して稼ぐことができます。もちろん、menuバイトをしているからといって他のアルバイトやプライベートを犠牲にする必要もありません。自分のライフスタイルや稼ぎたい目標額に合わせて働くことができます。好きな時間に好きなだけ働けるのは、menuバイトならではだといえるでしょう。

週払いなので早めに給料が受け取れる

他のアルバイトでは、月払いで給料を受け取る流れが一般的です。しかし、「すぐに給料が欲しい」方も多く、特に誕生日やクリスマスなどの大きなイベントの前には、少しでも早く給料を手にしたいと考えるでしょう。

その点、menuバイトであれば早期に給料を受け取ることができます。週払い制度を採用しているため、今週たくさん働いたら次の週には給料が振り込まれます。また、現在は日払い制度の導入も検討中とのことです。すぐにお金が欲しい場合には、menuバイトは最適だといえるでしょう。

高時給も期待できる!

「デリバリーバイトは本当に稼げるの?」そうイメージを持っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実際には働き方次第で他のアルバイトよりも高い時給を実現することができます。実際に、menuバイトで日給1万円以上稼いでいる人はたくさんいます。

高時給を実現するためには、いくつかのコツがあります。まず、アプリをオンにしてからの待機時間をできるだけ減らさなければいけません。その曜日、その時間帯に注文が多く入る人気の店舗の前で待っていれば、仕事が受注でき次第すぐに店舗で料理を受け取ることができます。

また、注文が多いときに働けば次々に仕事を受注できるため、時間を無駄にせずに働くことができます。天候が悪い日や土日祝は注文が増える傾向にあるため、できる限り働く時間を増やし、より効率敵に稼ぐことができます。

キャンペーンを利用するのも重要なポイントで、例えば「友達紹介キャンペーン」を利用すれば紹介した人と紹介された人の両方に25,000円がプレゼントされます。このようなお得なキャンペーンを常にチェックしておくことで、大幅な収入アップを実現できるといえるでしょう。

身体を動かしながら働ける

普段あまり運動する機会がなく、徒歩や電車での移動が多い方は、自転車で料理の配達を行えば運動不足の解消にもつながります。20分~30分の距離を移動するだけでも非常に良い運動になるでしょう。

働きながら健康に気を使える点も大きなメリットです。

好きな地域で働ける

引っ越しで街を離れる、普段の活動場所に合わせた勤務先を探している、などの理由から、今の職場を辞めたり、休職したりしなければならない場合にもおすすめです。

サービス対象エリアであれば注文が発生する可能性がありますので、条件に左右されることなく、好きな地域で働けることもメリットの一つです。

簡単に仕事を覚えられる

「料理の注文が入り、お店で料理を受け取り、配達先へ届ける」とてもシンプルな仕事な上、その他やるべき事がありません。

配達員用アプリの操作も簡単ですし、お店で注文番号を伝えるだけで料理を受け取るため、過度なコミュニケーションも必要ありません。

飲食店や販売員のように、レジ打ち、商品の棚卸、掃除などの作業は必要なく、イチから覚える作業がないため、誰でも気軽に始めやすいアルバイトになります。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトにはデメリットもある…

menuバイトにはたくさんの魅力があり、短期間で稼ぎたいという人にはぜひおすすめです。しかし、その一方でデメリットもあるということは知っておかなければいけません。

雨の日が大変

menuバイトに限らず、デリバリーバイトは雨の日が大変です。まず、商品が雨に濡れることのないように十分に注意しなければいけません。万が一雨で商品がぐちゃぐちゃになってしまえば、新しいものに交換しなければいけなくなる可能性もあります。

また、雨の日のmenuバイトで最も注意したいのは交通事故です。雨の日は視界が悪いうえに滑りやすいため、どうしても事故に遭う可能性が高くなります。配達中は約束の時間に間に合わせるために焦ってしまいがちですが、どんなときでも安全運転を一番に意識することが大切だといえるでしょう。

稼げるようになるまで時間がかかる

menuバイトは完全出来高制のため、頑張れば頑張るほど多くの収入を得ることができるため、シフト制のアルバイトに比べて稼げる傾向にあります。

しかしながら、menuバイトに慣れはじめ、配達のコツが掴めるまでには時間が掛かることから、初めのうちは全然稼げないこともあります。スキマ時間で働くことができるので、menuバイトで安定して稼げるようになるまで、他のアルバイトと掛け持ちするのも一つの方法かもしれません。

土地勘がないと非効率になってしまう

働く周辺地域の土地勘、交通情報は事前に調べておきましょう。注文が入り、目安時間内に料理を届けることができなければ、個人の評価が下がってしまうだけでなく、配達効率が悪くなり、思うように稼ぐことができません。また、対象エリアの中でも遠めな場所に配達する仕事が入ることもあるので、スムーズな配達をするためには、土地勘を養っておくことが非常に重要です。

配達までの待ち時間がある

どれだけ早く配達を終えても、注文がなければ、次の配達に取りかかることはできず待ち時間となってしまいます。そのため、案件を拾いやすい場所を見つけたり、注文が多い時間帯にしぼったりなど、各自で工夫することで、できるだけ待ち時間を減らすことができます。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトの仕事内容と流れを理解しよう!

menuバイトの仕事内容は、お店で料理を受け取り、配達先までお届けするだけなのでとても簡単で、デリバリーバイトが初めての人でも問題なく仕事をすることができます。

研修や説明会はなく、アプリをダウンロード後、配達員登録をするだけですぐにアルバイトを始めることができます。

配達員として登録完了後、配達までの流れは下記の簡単3ステップです。

STEP①:登録したアカウントにてアプリを起動します

STEP②:アプリにて注文通知が届き、お店へ料理を受け取りに行きます

STEP③:配達目安時間までにお客様の元へ料理をお届けします

注文開始~配達完了までの流れと時間を把握しておき、より効率的な配達をすることで、楽しく沢山稼げるようになるでしょう。

↓↓報酬体系や制度については別の記事も参考にしてみてください↓↓

詳しくはこちらの記事も参考にどうぞ

menuバイトの給料は?本当に稼げるの?

menuバイトを始めるにあたって一番気になるのは、給料ではないでしょうか。今のバイトよりも稼ぐためにも、平均的な収入額は知っておきたいでしょう。ここでは、menuバイトの給料について詳しくみていきましょう。

平均時給は?

menuバイトは完全出来高制であるため、時給や月収は人によって大きく異なるといえます。menuバイトの配達料の計算方法は、以下の通りです。

配達料=基本料金+インセンティブ(該当する場合)

●基本料金

回数報酬と距離報酬の2つで構成されており、回数報酬とは配達が完了した際にもらえる報酬のことで1回230円、距離報酬とは配達距離に応じて発生する報酬のことで1kmあたり75円となります。

例えば、1時間に2件配達し、1件当たりの配達距離が5kmだった場合、

回数報酬【230円×2件】+ 距離報酬【(75円×5km)×2件】=【460円】+【750円】=1,210円/h

となります。

●インセンティブ

ランクボーナスとレベルアップインセンティブの2つがあります。ランクボーナスは直近8週間の経験値の合計で計算され、最大で基本料金が2倍になります。レベルアップインセンティブはレベルアップごとに加算されるインセンティブのことで、経験値を獲得するほどに高くなります。

さらに、期間限定で配達1回あたり実質750円になる「期間限定報酬ボーナスキャンペーン」やベース報酬のブーストが最大2倍になる「報酬倍率ブーストキャンペーン」なども開催されています。開催されているキャンペーンによっては、基本料金やインセンティブが大幅にアップすることもあります。

平均時給は一概にはいえませんが、普通のアルバイトと比べて割がいいことは間違いありません。実質的な時給は1,500円を超える方も多いようです。

出費はあるの?

menuバイトでは、店舗で他のスタッフと一緒に働くわけではなく、各自で仕事を始めるだけに、思わぬ出費があるのか気になるところなのではないでしょうか。

まず、menuバイトに限らずデリバリーバイトにおいては移動手段が必要不可欠です。移動には一般的に自転車や原付を使用しますが、これらは自分で用意しなければいけません。移動手段がない場合には購入あるいはレンタルする必要があります。

レンタルする場合には、「ドコモ・バイクシェア」、「HELLO CYCLING」、「PIPPA」、「COGICOGI」などのサービスが利用できます。多くの便利なサービスがあるので、まずはレンタルから始めてみてはいかがでしょうか。menuバイトを始め、長期間働き続けたいと感じた場合には、購入を検討してみても良いかもしれませんね。

また、menuバイトをする際には配達用のデリバリー用バッグが必要です。しかし、menuバイトでは自社以外のバックの使用を許可しています。デリバリー用のバッグを持っている場合には、出費はありません。なお、menuデリバリーバッグは、1つ3,900円で購入することができます。

menuバイトを行うにあたって用意しなければいけないものは、基本的に移動手段とデリバリー用バッグの2点のみです。服装などに関する指定はないため、大きな出費にはならないといえるでしょう。

■デリバリー配達員への応募は、以下リンクから
「UberEats」の応募はこちらから
「出前館」の応募はこちらから
「DiDifood」応募はこちらから

menuバイトを登録するには?

menuバイトは通常のアルバイトとは違い、履歴書を提出したり面接を受けたりする必要はありません。Webサイトから気軽に応募することができ、登録が完了したらすぐに働き始めることができます。

まずは、menu公式配達スタッフ応募ページにメールアドレスを入力・送信します。その後、Webフォームに必要情報を入力します。このとき免許証やパスポートなどの身分証明書と振込先の銀行口座情報が必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。その後、登録が完了してアプリをダウンロードしたら仕事を開始できます。

応募そのものは手間はかからず、5分ほどで完了します。ただし、応募から登録完了までにはやや時間がかかることもあるようです。

まとめ

他のアルバイトと同様にmenuバイトにはメリットとデメリットの両方がありますが、時短で稼ぎたいのであればとてもおすすめです。安定した収入を得るまでに時間がかかることもありますが、頑張り次第でしっかりと稼ぐことが可能で、日給1万円も決して夢ではありません。

menuバイトは、サイトから応募するだけで簡単に始めることができます。現在はmenuバイトに多くの応募があるため、登録完了までに2~3週間ほどかかるようです。すぐにでもmenuバイトで働き始めるためにも、今すぐにでも応募してみてはいかがでしょうか。

UberEatsや出前館、menu、Wolt、DiDifoodや
ピザーラ、ピザハット、銀の皿、ケンタッキー、マクドナルドなど
全国40000件以上の求人を検索! デリバリー配達員の求人検索なら「デリバリーフードNAVI(求人)」