1日で稼げるデリバリーバイトおすすめランキング!Uber Eats、menu、出前館etc…【2021年最新版】

1日で稼げるデリバリーバイトおすすめランキング!Uber Eats、menu、出前館etc…【2021年最新版】

短期間でできるだけ稼ぎたいという人におすすめのバイトがデリバリーバイトです。デリバリーバイトはほかのアルバイトに比べて平均時給が高く、頑張り次第でしっかり稼ぐことができます。掛け持ちもしやすいため、今よりも収入を増やしたいという人にももってこいでしょう。

では、数あるデリバリーバイトの中からどれを選べばよいのでしょうか?この記事では、1日で沢山稼げるおすすめデリバリーバイトランキングをご紹介します。

↓↓↓現在募集中のフードデリバリーのバイト↓↓↓

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら


>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら


>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら


↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

デリバリーバイトとは

デリバリーバイトとは

デリバリーバイトとは、注文のあった料理をお客様が希望する場所まで配達する仕事のことです。「フードデリバリーバイト」や「出前のバイト」などと呼ぶこともあります。また、料理を届ける人のことを「配達員」や「配達パートナー」「配達クルー」などと呼びます。

配達員は、自転車やスクーター(原付バイク)に乗ってお客様の自宅や職場、ときにはホテルや公園にまで料理を運び届けます。

最近では次々に新しいフードデリバリーサービスが登場しており、学生やフリーターを中心にデリバリーバイトをして稼ぐ人たちが増えています。

デリバリーバイトとは

デリバリーのバイトというとピザ配達を思い浮かべる人も多いと思いますが、Uber Eatsをはじめとするデリバリー代行サービスの登場により、働き方が多様化しています。

ピザ屋や宅配寿司などの従来型のデリバリーバイトは、企業に直接雇われ、シフトに沿って働き、時間給を得るというスタイルです。それに対してデリバリー代行サービスの配達員は、多くの場合、業務委託という形で配達業務を請け負い、仕事量に応じた報酬を得ます。

従来型と異なり、直接雇われるのでなく個人事業主として業務委託を受ける格好なので、好きな時間に、好きな場所で、好きな服装で仕事ができるという自由度の高さと、配達すればするだけ稼げるという収益性の高さを理由に、近年人気が急上昇しています。

即稼げるデリバリーバイトの選び方のコツ

即稼げるデリバリーバイトの選び方のコツ

目標とする金額をできるだけ早く稼ぎたいなら、どのフードデリバリーサービスの配達員になるかよく検討することが大切です。なぜなら、サービスごとに配達員のなりやすさや、働き方、報酬単価、報酬制度などが異なるからです。

配達員のなりやすさで選ぶ

配達員になるための条件や手続きが簡単で、審査に通りやすく、かつ応募してからできるだけ短い時間・少ない手間で仕事を開始できるバイト先が理想です。

従来型のデリバリーバイトの場合、採用のための面接があるため、履歴書を作成したり着ていく服を用意したりと準備に手間がかかるだけでなく、採用/不採用の結果が出て実際に働けるようになるまでにそれなりの時間がかかります。

一方、デリバリー代行サービスの配達員のバイトは多くの場合、配達員への登録手続きがWebで完結し、面接があったとしてもオンラインや電話で済むことが多いので、比較的手間がかかりません。また、早いところでは配達員の登録開始から2日程度で配達が請け負えるようになるため、即稼ぎたいならデリバリー代行サービスの配達員がおすすめです。18歳以上なら誰でも配達員になれるとしているところが多く、条件が緩いのも魅力です。

配達員のなりやすさで選ぶ

配達依頼件数が多いところを選ぶ

デリバリー代行サービスの配達員になるなら、配達依頼件数が多いところを選ぶのが重要です。業務委託型のデリバリーバイトの多くは歩合制(出来高制)の報酬制度を採用しており、配達件数や配達距離によって報酬額が決まります。つまり、せっかく配達員になっても、お客様からの注文が少なく配達依頼が来なければそもそも配達することができないので、どうしようにも稼ぐことができないのです。配達依頼件数の多い少ないを見分けるのに、加盟店数がひとつの目安になります。

もちろん報酬単価の高さも重要です。基本の報酬の高低に加え、インセンティブ(追加報酬)の金額や、獲得のしやすさも考慮して、トータルで稼ぎやすいところを選ぶのがポイントです。

報酬の即日払い・現金払いに対応しているところを選ぶ

最短で現金を得たい場合には、短いスパンで報酬の振込をおこなってくれるデリバリーバイトを選ぶとよいです。

報酬は基本的に銀行振込により支払われますが、振り込みタイミングは各社で異なり、例えば毎週1回や、毎月2回などがあります。なかには好きなタイミングで振り込みをおこなってくれるところもあり、稼いだ報酬を最短で当日中に現金に変えることも可能です。

また、お客様がクレジットカード決済などの事前決済ではなく、料理の受け取りと同時に支払いをおこなう「現金払い」を指定している場合、その売上金を配達員がそのまま報酬として受け取ってよいという制度を設けているところもあります。

即稼げるおすすめデリバリーバイトランキング

即稼げるおすすめデリバリーバイトランキング

デリバリーバイトのなかでも特に短期間で稼ぎやすいものをピックアップし、ランキング形式でまとめました。

フードデリバリーサービスは国内でもすでに10を超える数のサービスが展開されており、どこの配達員として働くかで、働き方や見込める収入の大きさ、報酬を手にするまでの期間が異なります。これらを知ることで、自分にとって働きやすく、本当に稼ぎやすいデリバリーバイトを見つけやすくなります。

第1位 menu(メニュー)

種類デリバリー代行サービス
加盟店数6万店以上(2021年6月時点)
配達依頼件数とても多い
募集エリア全国47都道府県
給料制度歩合制
平均時給(目安)約1,000~1,500円
給料日希望した日(申請から10〜30分後)

特におすすめする人

  • 稼いだその日に報酬を受け取りたい人
  • バイクでの配達が可能な人

数あるデリバリーバイトのなかで最もおすすめしたいデリバリーバイトは、menu株式会社が運営しているフードデリバリーサービス「menu(メニュー)」です。

2020年4月にサービスが開始された新しいサービスですが、たったの1年間で全国47都道府県にサービスエリアを拡大。今、最も勢いのあるフードデリバリーサービスと言っても過言ではありません。

募集エリアが広いため、地方に住んでいても配達員になれる可能性があり、また配達依頼件数も多いので稼ぎやすいです。報酬は長距離配達が優遇されており、バイクでの配達が可能な方であればさらに大きく稼げます。

報酬の支払い方法に特徴があり、支払いを申請すると最短当日で指定の銀行口座に振り込んでくれます。デリバリーバイトでは週1回、または月2回の支払いタイミングが一般的なので、とにかく早く現金を受け取りたいという人にmenuは最適といえます。

おすすめ記事

給料制度は完全歩合制(出来高制)で、配達件数をこなしただけ報酬を受け取ることができます。サービスは24時間利用可能であることから、好きな時間に短時間でしっかり稼ぐことも可能。

また、「期間限定報酬ボーナスキャンペーン」「報酬倍率ブーストキャンペーン」「友達紹介キャンペーン」など、配達員に優しいお得なキャンペーンが頻繁に開催されています。キャンペーン開催時期にはさらに収入を増やすことができるでしょう。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

第2位 Uber Eats(ウーバーイーツ)

種類デリバリー代行サービス
加盟店数10万店以上(2021年5月時点)
配達依頼件数とても多い
募集エリア全国47都道府県
給料制度歩合制
平均時給(目安)約1,000~2,000円
給料日毎週水曜日(週払い)

おすすめする人

  • デリバリーバイト初心者
  • 確実に稼ぎたい人

Uber Eats(ウーバーイーツ)は世界各国で利用されているデリバリーサービスで、日本国内でも急速に普及し、現在では全国47都道府県でサービスを提供。最も配達員になりやすいバイトのひとつです。

業界ナンバーワンの加盟店数を誇り、利用者数も非常に多いため、配達依頼が安定して入ります。そのため、「今から30分だけ」というように働きたいときに確実に働けるのが魅力です。

給料は週払いですが、お客様が現金払いを指定していた場合は、お客様から受け取ったお金を報酬としてそのまま得ることができ、案外ピンチなときに助けられます。

おすすめ記事

給料制度は完全歩合制(出来高制)で、報酬は「基本料×ブースト+キャンペーン-サービス手数料」で計算され、距離や曜日、時間帯などの要素により報酬額が変動します。この報酬システムをよく理解することで、効率的に稼ぐことができます。

>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら

第3位 出前館

種類デリバリー代行サービス
加盟店数9.5万店以上(2021年10月時点)
配達依頼件数とても多い
募集エリア北海道、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、富山県、石川県、福井県、新潟県、静岡県、岐阜県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、奈良県、広島県、岡山県、福岡県、熊本県、佐賀県、長崎県、鹿児島県、沖縄県(2021年12月時点)
給料制度歩合制、時給制(選択可)
平均時給(目安)歩合制:約1,000~2,000円、時給制:約1,000~1,300円
給料日歩合制:毎月5日、20日(月2回)、時給制:月1回

おすすめする人

  • 働きやすさを求める人
  • わかりやすい報酬システムを望む人

出前館は、株式会社出前館が運営しているフードデリバリーサービスです。2000年のサービス開始から着実に拡大を続けており、最近では某有名芸人を起用したCMもよく目にします。

ブランド力があるのでお客様によく認知されており、配達時にお客様に持たれる印象もよいです。また、サービス提供エリア・募集エリアも広く、配達員のなりやすさ、稼ぎやすさもトップクラスです。

おすすめ記事

出前館の配達員は業務委託型と直雇用型の2種類があり、好きな方を選んで応募します。業務委託型の配達員は、Uber Eatsなどと比べて報酬システムがシンプルなのが特徴で、自分がいくら稼いだか、いくら稼げる見込みかを算出しやすく、モチベーションを維持しやすいです。

報酬の支払日は月に2回と少ないのが欠点ですが、Uber Eatsと同じで現金支払いによる報酬の即日受け取りが可能です。

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

第4位 DiDi Food(ディディフード)

種類デリバリー代行サービス
加盟店数非公開(1万店以上という情報あり)
配達依頼件数多い
募集エリア宮城県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、広島県、福岡県、沖縄県(2021年12月時点)
給料制度歩合制
平均時給(目安)約1,000~1,500円
給料日毎週火曜日(週払い)

おすすめする人

  • Uber Eatsと掛け持ちしたい人
  • 西日本エリアにお住まいの人

DiDi Food(ディディフード)は、DiDiフードジャパン株式会社が提供しているフードデリバリーサービスです。現時点で西日本を中心に9府県にしか対応していないものの、加盟店数は1万店以上あって依頼件数も多く、業界のなかではかなり稼げる部類に入ります。また、現在急速にサービスを拡大しており今後にも期待が持てます。

Uber Eatsとアプリの使い勝手や報酬システムなどあらゆる面が似ているため、配達員を掛け持ちしても違和感なく仕事できるでしょう。

おすすめ記事

給料制度は、完全歩合制(出来高制)です。配達員になるためには、「DiDi配達」アプリをダウンロードしたあとに必要事項を入力・必要書類をアップロードし、審査を受けます。そして、審査に通過したら研修を受け、勤務を開始します。

デリバリーバイトのデメリットとして事故に遭う危険性があることが挙げられますが、DiDi Foodは配達中に生じた事故に対する補償制度を用意しています。対人・対物賠償責任においてはDiDi Foodから3億円まで補償が行われ、自己負担金はありません。自身の障害に対しても、通院費用、手術費用、入院費用などが支払われます。

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら

第5位 楽天ぐるなびデリバリー

種類デリバリー代行サービス
加盟店数全国1.2万店以上(2021年6月時点)
配達依頼件数多い
募集エリア一部を除く全国
給料制度時給
平均時給1,200~1,800円
給料日不明(月払い)

おすすめする人

  • 安定した収入を求める人
  • 時給が高いバイトで働きたい人
  • デリバリーバイト初心者

楽天ぐるなびデリバリーは、楽天が運営するフードデリバリーサービスです。対応地域は一部を除く全国ですが、2021年12月現在、配達員の募集を終了しており、再開が待たれます。

楽天ぐるなびデリバリーの配達員は直接アルバイトとして雇用され、シフトに従って時給で働くスタイルです。時給制は配達件数にかかわらず働いた時間で給料が決まるので、安定した収入を得たい場合に最適です。また、楽天ぐるなびデリバリーの配達員の時給は1,200~1,800円と高めに設定されており、堅実に働くことで高収入も期待できます。

充実した研修が用意されているのも特徴です。13~16時間ほどのトレーニングを受けてから仕事を開始できるため、初めてデリバリーバイトをする人にとっては大きな安心材料になるのではないでしょうか。

第6位 Chompy (チョンピー)

種類デリバリー代行サービス
加盟店数1,100店
配達依頼件数
募集エリア東京都渋谷区、目黒区、新宿区、豊島区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、品川区、中野区、杉並区、文京区(2021年12月時点)
給料制度歩合制(最低時給保証あり)
平均時給(目安)約1,000~1,300円
給料日毎週火曜日(週払い)

おすすめする人

  • 東京都にお住まいの人
  • 歩合制のリスクを少しでも減らしたい人

Chompy(チョンピー)は、株式会社SYNが運営するフードデリバリーサービスです。対応地域は東京都の一部のエリアで、個人店を中心とした「おいしいお店」を掲載していることが特徴です。今後伸びていく可能性の高い、期待できるデリバリーサービスでしょう。

給料制度は歩合制(出来高制)であり、登録はアプリから簡単にできます。必要なものは身分証明書と口座情報だけのため、思い立ったらいつでもすぐに始めることができます。

ほかのデリバリーバイトとの違いは、「待機収入」があることです。歩合制の場合、普通は配達をしない限り収入は一切入りませんが、Chompyの場合は配達依頼が入らなくても、待機収入という形で報酬を得ることができます。また、条件は限定されますが、約1,300~1,500円の最低時給保証を受けることもできます。歩合制のリスクを最小にしながら働きたいという人におすすめのデリバリーバイトです。

第7位 fineDine(ファインダイン)

種類デリバリー代行サービス
加盟店数非公開(2020年時点で1,000店以上との情報あり)
配達依頼件数少ない
募集エリア東京都・神奈川県の一部(2021年12月時点)
給料制度時給制
平均時給1,100~1,300円
給料日毎月20日(月払い)

おすすめする人

  • 東京都、神奈川県にお住まいの人
  • 安定した収入を得たい人
  • デリバリーバイト初心者

fineDine(ファインダイン)は株式会社ライドオンエクスプレスが提供しているフードデリバリーサービスで、高級店を中心に加盟店を集めているのが特徴です。対応地域は東京都・神奈川県の一部のみと狭いです。

fineDineの配達員も直雇用型の時給制です。シフト制のため時間的な拘束はありますが、その分、時間給による安定した収入が見込めます。空き時間にはポスティングなどの業務をおこなうこともあります。

大きな特徴は、充実した研修プログラムが用意されていること。最初は先輩と一緒に仕事をおこなうことで受け取りからお届けまでの流れを学んでいきます。十分に自信がついてから1人での配達を行うため、デリバリーバイトが初めてという方にも向いています。

第8位 anyCarry(エニキャリ)

種類デリバリー代行サービス
加盟店数不明(少ないと思われる)
配達依頼件数少ない
募集エリア東京都渋谷区、港区、千代田区、中央区のほぼ全域、および文京区、新宿区、世田谷区、目黒区、中野区、杉並区、豊島区、台東区、板橋区、練馬区、北区の一部(2021年12月時点)
給料制度時給制
平均時給1,200円
給料日不明(月払い)

おすすめする人

  • 東京都にお住まいの人
  • 安定した収入を得たい人

anyCarry(エニキャリ)は、2019年8月8日に設立された株式会社エニキャリが提供しているフードデリバリーサービスです。2020年4月には、東京都内の飲食店向けに「コロナウイルスに負けるな!飲食店向け運営支援キャンペーン」を実施しました。

配達員は直雇用型の時給制です。週1日から勤務可能なため、アルバイトの時間があまり取れないという人でもチャレンジできます。多くのデリバリーバイトとは異なり事務作業の手伝いなどをおこなう場合もあるため、仲間と一緒に働きたいという人に適しているといえるでしょう。

なお、1日5時間以上の勤務では交通費が支給されます(上限あり)。また、配達時の制服、バッグ、電動自転車はエニキャリから支給されるため、学校の帰りなどに手ぶらで仕事にいくことも可能です。

デリバリーバイトをおすすめする理由

デリバリーバイトをおすすめする理由

即稼げるバイトとしてデリバリーバイトをおすすめする理由を4つ挙げます。

デリバリーバイトは誰でも簡単に短時間で仕事を始められ、本業や学業のちょっとしたスキマ時間にも働けます。それでいてほかのバイトより単位時間あたりに得られる報酬が高く、少しの時間で大きく稼ぐことが可能。振り込みも素早くおこなわれ、最短で現金を手にすることができるのでおすすめです。

  • すぐに働ける

デリバリーバイトは多くの場合、性別や学歴不問で履歴書や直接の面接も不要、18歳以上なら誰でも配達員になることができます。応募から採用、そして実際に働けるようになるまでが短いので、お金がほしいと思ったときにすぐに働けるのが魅力です。基本的なアプリの使い方を覚えれば、あとは料理を受け取り、お客様に届けるだけなので、仕事内容もシンプルで覚えるのに苦労することもないでしょう。

  • 本業や学業の合間にも稼げる

一般的なアルバイトであれば、まとまった時間を確保して、あらかじめ働く時間を決めておく必要がありますが、デリバリーバイトなら30分程度でも、予定の合間や暇な時間を使って働くことができ、本業や学業を続けながら新たな稼ぎを得ることができます。デリバリーバイトをはじめるためにほかのことをやめたり、スケジュールを大きく変更する必要がありません。

  • 短期集中で高収入が狙える

デリバリーバイトの時給(もしくは得られる報酬を時給換算すると)は、大体1,500円くらいです。これはパートやアルバイトの平均時給と比べてずいぶん高い金額であり、短期間でも集中して働けばしっかり稼ぐことができます。デリバリー代行サービスの業務委託型の配達員なら働く量も自由に決められるので、1日10時間以上ガッツリと働くことも可能です。

  • 早く現金が受け取れる

多くのデリバリーバイトは報酬の支払いタイミングが週に1度なので、普通のアルバイトのように月に1度の給料日を待つ必要がなく、素早く現金を受けるとることができます。なかには仕事をしたその日に報酬が支払われるところもあり、このようなところで働けば、クレジットカードや家賃などの差し迫った支払いにも間に合わせやすいでしょう。

各社の特徴や制度を知ることが素早く稼ぐことにつながる

各社の特徴や制度を知ることが素早く稼ぐことにつながる

デリバリーバイトのおすすめランキングを軸に、バイト先の選び方のコツや、デリバリーバイトが即稼ぐのに適している理由などについて解説してきました。

一口にデリバリーバイトと言っても、働き方や、給料の仕組みや金額、配達依頼の数はさまざまであり、稼ぎやすさは大きく異なります。短期間でたくさん稼ぎ、最短で現金を手に入れたいなら、各社の特徴や仕組み、制度について調べることが1番の近道です。

なお、筆者が一番おすすめしたいデリバリーバイトはmenu(メニュー)です。実際に、menuのデリバリーバイトでしっかり稼げた方の声もよく耳にします。面接も不要で気軽に配達員になれるので、ぜひチェックしてみてください。

↓↓↓現在募集中のフードデリバリーのバイト↓↓↓

↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら


>>【Uber Eats】配達スタッフ応募ページはこちら


>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら


↓↓↓全国で積極募集中のデリバリーバイト↓↓↓

>>【Uber Eats公式】配達スタッフ応募ページはこちら

>>【出前館】配達スタッフ応募ページはこちら